ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 本日開幕!「国際ホテルレストランショー HCJ2019」今年のトレンドと見ドコロは

本日開幕!「国際ホテルレストランショー HCJ2019」今年のトレンドと見ドコロは

投稿日 : 2019.02.19

東京都

ホテル関連ニュース

東京ビックサイト(東展示棟)にて2019年2月19日(火)より22日(金)まで開催される「第47回 国際ホテルレストランショー HCJ2019」が本日開幕。会場内は業界の最新のネットワークやモノ・情報を求める多くの人々で賑わっている。

ホスピタリティ・フードサービス業界最大の祭典

同イベントは、インバウンドマーケットEXPO2019としてフードケータリングショー、厨房設備機器展などと並行して開催されており、ホスピタリティとフードサービスの商談専門展として、過去最大の1,184社・2,883ブースが出展、6万5千人の来場を見込む、年に一度の業界最大の祭典。

本年の業界トレンドを占う展示の特徴としては、「ナイトタイムエコノミーを含むインバウンドマーケットの更なる成長」、「地方創生を支援する地域産品の全国・海外展開」、「次世代技術活用によるサービス産業の生産性向上・人手不足対策」が挙げられる。

ベットやインテリアなどのホテル向け機器・備品だけでなく、生産性向上に寄与するAIやロボットなどの次世代技術製品、訪日客の満足度向上をはかるキャッシュレス製品や土産品など多種多様な製品が一度に集っている。

東6ホールで展示を行なっているメトロエンジン社では、提供する口コミレビュー分析、イベント情報・訪日客などの需要予測、競合施設の価格分析、周辺施設数・新規参入情報などのAI・ビックデータに基づく最新の機能・サービスを紹介、来場者が熱心に質問を行なっていた。

また、厚生労働省は受動喫煙対策として実施される国の分煙基準の改正に伴い、周知を目的とした展示、アンケートを実施しているほか、業者による同改正に関連した分煙ブースの展示なども行われている。

また、会場内では、ブース展示のほか各種セミナー、商談会なども開かれている。同イベントは22日(金)まで4日間開催される。

【「国際ホテルレストランショー HCJ2019」概要】
開期:2019年2月19日(火)~22日(金)10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟 1,184社・2,883ブース
来場予定者数:約6万5000人予定
入場料:¥3,000(税込)※招待状持参者・事前登録者は無料
URL:https://www.jma.or.jp/hcj/

【合わせて読みたい】

triplaが提案するホテルのおもてなしと売上向上の秘策とは

限定セミナー:急増するホテル供給の真相と競争激化に備えるデータ活用法、自社サイト予約の重要性と最新の集客手段とは

関連記事