ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 神奈川県葉山町「葉山うみのホテル」2019年7月24日開業

神奈川県葉山町「葉山うみのホテル」2019年7月24日開業

投稿日 : 2019.07.23

神奈川県

新規ホテル情報

S.H.ホールディングスのグループ会社であるシマダハウスは2019年7月24日(水)に7施設目の宿泊施設「葉山 うみのホテル」を神奈川県葉山町に開業。以前より街のシンボルとして親しまれてきたアサヒビールの研修施設を、ホテル・ゲストハウス・カフェの複合施設へコンバージョンした。

ホテル客室とゲストハウスからなるライフスタイルホテル

出典:SHホールディングス

同施設は都心から車で約一時間、海と山に囲まれた自然豊かな葉山の森戸海岸沿いに位置。近くには葉山マリーナや日影茶屋があり、御用邸のお膝元、文人も愛した海は、今も人々を惹きつける。

ホテルからは森戸海岸や江ノ島、晴れ渡る日には天城山脈など伊豆半島の山々、遠く富士山まで眺めることが出来る。

1階にはレセプション、ロビーラウンジ、サンドバー(カフェバー)、バンクルーム(ゲストハウス)、うみテラスを設置。5階にはスイートルームを含めた個性豊かな客室を20室、6階にはホライズン温泉を用意している。

元々、葉山に住む人々に愛され、地域の交流の場としても親しまれていたアサヒビールの研修施設。その施設を壊さずにそのままその想いを受け継ぎ、人と海が、人と人が、そして想いがつながるホテルとしてコンバージョンした。

館内には海や葉山に魅せられたアーティストの作品が「うみのホテル」を彩る。宿泊者だけではなく、カフェバーに訪れる顧客も思い思いの時間を過ごせるよう、靴を脱いでくつろげる小上がりスペースも用意する。

出典:SHホールディングス

ゲストハウスは、深海をイメージしたコンパクトなカプセルタイプの客室。幅120cmの広めのベットサイズで快適に過ごせる。共用の水廻り、各種アメニティに加え、収納やラック、貴重品が収納できるセキュリティーボックスなどの機能性も充実。女性専用スペースもある。ホライズン温泉もシャワーブースも利用可能な使い勝手のよいゲストハウス。

出典:SHホールディングス

20室あるホテル客室。ひきこまれるような水平線をずっと眺めていたくなる、大きな窓のスイートルームや、海に面した畳のあるタタミスーペリア。天井高3m、開放感あるオーシャンスーペリア、ダブルサイズベッドを配置したコンパクトな客室まで、滞在期間や目的にあわせて過ごせる5つのタイプを用意。すべての部屋には海にまつわるインテリアやアートを設えている。

【「葉山うみのホテル」施設概要】

名称:葉山 うみのホテル(UMINO HOTEL On the shore,HAYAMA)
所在地:神奈川県三浦郡葉山町堀内251-1 
アクセス:JR横須賀線「逗子」駅より車で7分、バスで約10分(京急バス清浄寺バス停下車)
建物:鉄筋コンクリート造陸屋根地下1階付6階建
開業日:2019年7月24日
運営会社:シマダハウス株式会社
客室構成 :ホテル20室(ダブル14室、和室4室、ツイン1室、スイート1室/13.75平米~47.4平米)
Bunk room(ゲストハウス)41室/女性専用17室、混合24室/4平米)
フロア構成:1F、5F、6F
付帯施設:Reception/SAND BAR/うみテラス/ライブラリ/Horizon Onsen/シャワーブース

神奈川県葉山町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、葉山町には宿泊施設が28、部屋数にして248室が提供されている。

同施設の他に新規開業予定は確認できなかった。

【合わせて読みたい】

神奈川県ホテル展開状況(2019年7月現在)

三浦半島活性化へ、浜銀・京急・ドコモが産業・観光振興PJ

城ヶ島京急ホテル建て替え、城ヶ島西部地区再整備方針

リビエラ逗子マリーナが滞在型リゾートにリニューアル

関連記事