ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ハワイ州 14日間の自己隔離期間を免除する事前検査プログラムを導入

ハワイ州 14日間の自己隔離期間を免除する事前検査プログラムを導入

投稿日 : 2020.10.19

インバウンド

ハワイ州(アメリカ)が10月15日から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために設けている、到着後14日間の自己隔離期間を免除する事前検査プログラムを開始する。

日本からの渡航者が自己隔離期間を免除するためには、日本出発時刻までの72時間以内に、ハワイ州保険局が指定する国内の医療機関で新型コロナウイルス感染症の検査を受け、ハワイ州指定の陰性証明書を発行して入国時に提出する必要がある。

検査を受けられる指定医療機関は現在協議中であり、確定し次第、ハワイ州の新型コロナウイルス情報サイトに掲載される予定だ。

ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト

検査方法として、日本で認可済みの拡散増幅検査(NAT)が承認された。NATは、数時間のうち大量のDNAおよびRNAを増幅し、体内に特定の病原体が存在していたか、または存在しているかを確認する検査法である。PCR検査もNATに含まれる。

出発前72時間以内に検査の結果が出なかった場合、到着後に陰性の証明結果を受け取り提出することで自己隔離期間を短縮することも可能だ。

ハワイ滞在中は、州が指定するコロナ感染拡大防止のための自己管理が求められる。特に遵守すべき4つの事項として、「こまめに手洗いうがいをする」「マスクを着用する」「目・鼻・口を手で触れない」「他人と密接な接触を避ける」が挙げられている。

万が一症状が発生した際には、病院で診断を受けたのち、個人旅行者は宿泊施設、ツアー旅行者は旅行会社に連絡をし、指示に従って自己隔離または入院となる。

合わせて読みたい
  • 海外渡航の規制緩和に向け、政府が「危険情...

  • 新たに五カ国 一部入国制限緩和 今日から

  • 外務省がシンガポールとの「ビジネストラッ...

  • 韓国 ビジネス目的での往来が再開 14日...

関連記事