ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 阪急交通、全国の離島ランキングを発表

阪急交通、全国の離島ランキングを発表

投稿日 : 2019.06.26

北海道

長崎県

沖縄県

ホテル関連ニュース

阪急交通社が、離島への入島が含まれるツアーの申込者数を集計。2018年6月1日~2019年5月31日におけるランキング1位~10位を発表した。トップに輝いたのは、去年ヒグマの上陸で話題を呼んだあの島だったー

トップは、北海道の利尻島・礼文(れぶん)島

豊かな自然、独特の風土や料理、貴重な文化財、山ではトレッキング、海ではダイビングと、離島にはさまざまな旅の魅力が凝縮されている。

阪急交通社では、そのような全国の離島が目的地に含まれるツアーを多数催行。数ある離島の中でも、どの離島を旅行先として選ぶ人が多いのか、過去1年間の申込者数から算出したランキングを発表した。

【全国の離島ランキング】

1位 利尻島(りしりとう)・礼文島(れぶんとう)<北海道>
2位 石垣島(いしがきじま)<沖縄県>
3位 五島列島(ごとうれっとう)<長崎県>
4位 竹富島(たけとみじま)<沖縄県>
5位 軍艦島(ぐんかんじま)<長崎県>
6位 西表島(いりおもてじま)<沖縄県>
7位 屋久島(やくしま)<鹿児島県>
8位 小豆島(しょうどしま)<香川県>
9位 淡路島(あわじしま)<兵庫県>
10位 宮古島(みやこじま)<沖縄県>

対象:阪急交通社による2018年6月1日~2019年5月31日催行のツアー
発着地:発着地問わず
*ツアー名に、対象となる離島名が含まれたツアーが集計対象

トップに輝いた利尻島は利尻町と利尻富士町の二つの町があり、メトロエンジンリサーチによると、両町あわせて宿泊施設が32、部屋数にして585室が提供されている。

昨年、6月にヒグマが上陸し話題となった同島だが利尻山への登山人気は根強く、観光への影響は軽微であった模様だ。

また、礼文島は、礼文町に属しており、同町にはメトロエンジンリサーチによると、宿泊施設が27、部屋数にして445室が提供されている。

「花の浮き島」とも呼ばれる礼文島では、300種以上もの高山植物を見ることができ、中でも礼文島の町花となっているレブンウスユキソウの群生地などが有名。

出典:阪急交通

南の沖縄、西の長崎より複数ランクイン

3位の五島列島は2018年、5位の軍艦島は2015年、7位の屋久島は1993年に、それぞれ世界遺産に登録されている。
特に五島列島は前回調査時(2016年6月1日~2017年5月31日)のランク外から、大きくランクアップした。

沖縄県からは4島がランクイン、長崎県から2島ランクインと、北端、南端、西端に人気が集まった。

出典:阪急交通

【合わせて読みたい】

NTTレゾナント、検索数から見る人気離島ランキング

網走市のホテル宿泊事情〜北海道のホテル事情②

長崎と天草「潜伏キリシタン」世界遺産登録へ

藤田観光が長崎五島に北欧ビレッジを本年8月オープンー五島列島の観光トレンド

楽天トラベル、2018年国内旅行先、人気上昇ランキング

関連記事