ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > リクリエ「グランドベース別府駅前」2019年5月1日開業

リクリエ「グランドベース別府駅前」2019年5月1日開業

投稿日 : 2019.05.24

大分県

新規ホテル情報

株式会社リクリエは、2019年5月1日、別府市初の旅館業法・ホテル営業許可を取得した無人スマートホテル「GRAND BASE BEPPUEKIMAE(グランドベース別府駅前)」を開業した。

 スマートキーの安全な受渡しをセルフチェックインで実現 

出典:リクリエ

福岡を拠点に西日本エリアの宿泊施設を企画/運用するリクリエは、“暮らすように旅をする”と“Tech Plus Hospitality”をテーマに、広々としたリビングスペースを有しテクノロジーによるおもてなしで快適な宿泊体験を提供するホテルシリーズを展開。

「GRAND BASE BEPPUEKIMAE」はその第9弾。「GRAND BASE BEPPUEKIMAE」は、iPadを使ったチェックインシステム「tabiq」を利用することで、無人でありながら安全にスマートキーを受け渡すことのできるスムーズなチェックインを実現させた。

また、同月には佐世保市でも初の無人スマートホテルでの旅館業法・ホテル営業許可を取得しており、近日グランドオープンの予定。

【同施設 概要】

名称:GRAND BASE BEPPUEKIMAE(グランドベース別府駅前)

所在地:大分県別府市田の湯町8-7-1

アクセス:JR九州日豊本線“別府駅”から徒歩6分

定員:30人

大分県別府市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、別府市には宿泊施設が213、部屋数にして6,549室が提供されている。新規開業予定は3施設、部屋数にして309室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

GRAND BASE HAKATA、2019年3月1日開業

「グランドベース天神」 2019年2月1日開業

グランドベース博多春吉が 12月1日福岡市中央区にオープン

スマートホテル「グランドベース福岡」10月5日開業

関連記事