ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 福岡市実証実験「AI多言語音声翻訳システム」事業者募集

福岡市実証実験「AI多言語音声翻訳システム」事業者募集

投稿日 : 2019.09.13

福岡県

インバウンド

福岡市には130を超える国・地域出身の外国籍の人が約3万7千人在住、今後も「生活者としての外国人」の増加が予想される。福岡市は「ユニバーサル都市・福岡」の実現へ、言葉の壁の低減を図り、国籍に関わらない行政サービスの提供を目指し「AI多言語音声翻訳」を検証する実証実験を実施する。

区役所等の窓口業務においてAI多言語音声翻訳システムを活用することで、各種案内や事務手続きの高質化を図り、市民生活の質の向上に繋がる実証実験プロジェクト。

上記プロジェクトを実施できる事業者を募集する。

採択予定数は2~3社程度。

募集期間は2019年9月13日(金)~10月7日(月)(必着)。

採択式、2019年10月28日(月)(予定)。
※場所:福岡市スタートアップカフェ(中央区大名2-6-11 Fukuoka Growth Next 1F)

【合わせて読みたい】

福岡県が欧米豪誘客へ、Voyaginと訪日客向け体験コンテンツ

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

チョイスホテルズジャパン、AI自動翻訳機を全62ホテルで導入

関連記事