ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「富士河口湖リゾートホテル」2019年8月8日開業

「富士河口湖リゾートホテル」2019年8月8日開業

投稿日 : 2019.08.08

山梨県

新規ホテル情報

国際観光資源開発株式会社のグループ会社である富士順縁投資開発株式会社は、富士河口湖町にて「富士河口湖リゾートホテル」(120室)を本日2019年8月8日(木)に新規開業した。

富士山や河口湖観光、都心からのアクセスも良好な新築ホテル

出典:国際観光資源開発

「富士河口湖リゾートホテル」は、東京・新宿駅の「バスタ新宿」から高速バスで約105分の富士急「河口湖駅」より徒歩約11分、人気施設の富士急ハイランドや富士五湖の一つ河口湖からも程近く、観光の拠点に適した立地。

客室は、富士山側の和室や一人利用におすすめのセミダブルベッドの部屋など5タイプ、全120室用意した。

出典:国際観光資源開発

また、富士山に面したレストランでは、夕食を和・洋・中30種類以上の色鮮やかで健康的な料理をビュッフェスタイルで楽しめるだけでなく、朝は窓から入り込む日差しが心地よく降り注ぐ中での朝食を提供する。

出典:国際観光資源開発

大浴場は、富士山を眺めながらゆったりとくつろげる露天風呂のほか、内風呂にはシルク風呂と炭酸泉風呂も用意した。

出典:国際観光資源開発

【同ホテル 概要】

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町船津4902-2
アクセス:富士急「河口湖駅」より徒歩約11分 ※河口湖駅より無料送迎実施
建物構造:鉄骨造 地上4階建て
敷地面積:約6336平米

建築面積:約1765平米
延床面積:約4935平米

客室数:120室(全室禁煙)
セミダブルルーム:1階~4階 18平米 26室
和室:2階~4階 24平米(8畳) 38室

和室(富士山側):2階~4階 24平米(8畳) 51室
和洋室(富士山ビュー):3階~4階 36平米 4室
バリアフリールーム: 2階 26平米 1室

出典:国際観光資源開発

山梨県南都留郡富士河口湖町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、富士河口湖には宿泊施設が393施設、客室数にして7,751室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

1位 東横INN富士河口湖大橋 381室 2019年開業

2位 登り坂ホテル 200室 1993年

3位 本栖レークサイドキャンプ場 173(室) 1990年

4位 富士山リゾートホテル 160室 2017年

5位 フジプレミアムリゾート 157室 2011年

6位 キャビン&ラウンジ ハイランドステーション イン 154室 2017年

7位 本栖びゅーほてる 153室 2015年

8位 ニューブリッヂキャンプ場 133室 1990年

9位 富士河口湖リゾートホテル 120室 2019年

10位 ホテルルートイン河口湖 119室 1997年

同ホテルは120室で9位にランクインした。

【合わせて読みたい】

「東横INN富士河口湖大橋」2019年4月27日開業

御殿場プレミアム・アウトレット「HOTEL CLAD」2019年12月15日開業

星のや富士「薫る果実のグランピング朝食」


関連記事