ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 客室設置型タブレット「イータブ・プラス」が帝国ホテル大阪に導入

客室設置型タブレット「イータブ・プラス」が帝国ホテル大阪に導入

投稿日 : 2020.03.13

大阪府

ホテル関連ニュース

株式会社ミライト・ホールディングスのグループ会社である株式会社ミライトは、客室設置型タブレット「ee-TaB*®(イー タブ・プラス)」を、帝国ホテル 大阪へ3月12日より全客室381室に導入し、サービスを開始した。

イータブ・プラスでは、タブレット端末を通じ、宿泊客は防災の手引きといっ たホテル施設案内や周辺観光情報など、様々なコンテンツを利用することができる。

また今回の導入で昨年8月より順次サービスを開始している帝国ホテル東京(931室)と合わせて1,312室への提供となるという。

【合わせて読みたい】

客室設置型タブレット「イータブ・プラス」レムプラス銀座に導入

イータブ・プラスが帝国ホテル東京で客室内設備リモコン機能

ミライトが提供するホテル向けトータルソリューションとは

客室設置型タブレット「イータブ・プラス」ザ・キタノホテル東京に導入

関連記事