ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 全国の免税店数は52,222店、地方の伸び三大都市圏上回る

全国の免税店数は52,222店、地方の伸び三大都市圏上回る

投稿日 : 2019.11.21

指定なし

ホテル関連ニュース

観光庁は、2019年10月1日現在の都道府県別における、消費税免税店数をとりまとめた。全国の免税店数は52,222店。地方の免税店数は5期ぶりに三大都市圏を上回る伸び率となり、前回調査より4.4%増の19,883店となった。

本年10月1日時点の免税店数は、全国で52,222店となり、本年4月1日(前回調査)からの半年間で4.0%増の2,024店の増加となった。

免税店数の内訳としては、三大都市圏で32,339店、三大都市圏を除く地方で19,883店となった。   

本年4月1日からの半年間で、三大都市圏では3.8%増、地方では4.4%増となり地方での増加が三大都市圏を上回った。

出典:観光庁

【合わせて読みたい】

観光庁、全国免税店47,441店、年間10.9%増

多言語対応協議会小売PT、小売業用のピクトグラムを無料公開

東京都、小売事業者の免税店化支援、専門サイト・相談窓口

観光庁「臨時免税店制度」創設、外国人旅行消費額の拡大へ

関連記事