ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 大和ハウス工業、2020年夏季に東京23区内の社員約3,000名テレワーク

大和ハウス工業、2020年夏季に東京23区内の社員約3,000名テレワーク

投稿日 : 2020.01.10

東京都

ホテル関連ニュース

大和ハウス工業株式会社は、2020年7月24日~8月9日(東京オリンピック開催期間)に、東京本社・東京本店、城東支社に勤務する社員約3,000名が、一斉に在宅勤務やサテライト勤務を行う「2020年夏季スーパーテレワーク」を実施する。

グループのホテルで「ワーケーション」実施も

同取り組みにより、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方や、BCP(事業継続計画)対応の実践に取り組みながら、同期間における交通の混雑緩和に貢献したい考え。

なお、2020年7月24日のスポーツの日は、全社一斉休業日するという。

1.東京23区内の事業所を閉鎖し、テレワークを実施

同社は、長時間労働の削減とワークライフバランスを推進するべく、様々な取り組みを行っている。今回の「2020年夏季スーパーテレワーク」は、同期間中、東京23区内にある東京本社・東京本店(千代田区)、城東支社(江戸川区)の事業所を原則閉鎖し、在宅勤務を中心に、サテライトオフィスや東京23区外の自社施設を活用した勤務など、柔軟な働き方を実施するもの。

また、一部の競技が実施される埼玉県や千葉県、神奈川県に立地する事業所においても、テレワークや時差出勤等の実施を検討するという。

2.交通への規制や混雑の影響が懸念されるエリアの工事現場を休工

交通需要マネジメント(TDM)への協力推進として、同期間中に交通への規制や混雑の影響が懸念されるエリアに位置する工事現場の休工や作業時間の短縮、資材搬入・搬出の調整も実施。

3.大和ハウスグループのホテルで「ワーケーション」実施

大和ハウスグループの大和リゾート株式会社が運営する、全国27カ所に展開しているリゾートホテル「DAIWA ROYAL HOTEL」を活用した「ワーケーション」(リゾート地などで休暇等をかねてリモートワークを行うこと)を同期間に実施。

ワーケーション先進県といわれる和歌山県に立地する「Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE」(和歌山県日高郡みなべ町)において、該当社員のうち約20名が「ワーケーション」の実証実験を行う。

4.「冬のスムーズビズ実践期間~やってみよう!~」に参加

同社は、東京都が推進する「冬のスムーズビズ実践期間~やってみよう!~」(期間:2020年1月14日~1月31日)に参加。東京本社・本店に勤務する社員全員が、「冬のスムーズビズ実践期間」に1日以上テレワークを試行し、「2020年夏季スーパーテレワーク」のスムーズな実施に向け、準備を進めていくという。

今後も同社は、効率的で柔軟な働き方を推進し、持続可能な企業経営を強化できるよう、企業風土の醸成に努めていきたい考え。

※顧客対応や緊急対応等に備え、一部社員は例外。

【合わせて読みたい】

「ゆこゆこ」が静岡県・稲取温泉のサテライトオフィス

JTB、海外でのテレワーク制度「ワーケーション・ハワイ」

関連記事