ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > クレド、日系ホテルスパ初のニューヨーク出店

クレド、日系ホテルスパ初のニューヨーク出店

投稿日 : 2018.12.18

海外

ホテル関連ニュース

ホテルスパ事業を行なうクレドインターナショナルは、アジアンスパ『サナティオ スパ』を、ニューヨーク・マンハッタンの中心に位置するホテル「ザ・ベンジャミン」に、2018年12月20日にグランドオープン。同店舗は、ニューヨークで初めての日系ホテルスパとなる。

ホテルスパでありながら、気軽に立ち寄れる

ニューヨークの店舗はマンハッタンの中心地で、日本人が多いレキシントン通りと49thストリートに位置。

「ザ・ベンジャミン」はラグジュアリーな高級ホテルでヨーロッパなどの富裕層を対象としたサービスを提供している。ホテル内には加圧ヨガやネイル、パーソナルトレーニング、美容室も併設し、日本人経営によるジャパニーズウェルネスビューティーセンターとしての機能も持つ。

同社は2011年より、『サナティオ スパ』を運営。外国人旅行者からビジネスマンまで幅広い層に人気の店舗や「グランドニッコー台場」など国内7店舗あり、海外はバンクーバー、台北、スリランカに続く4店舗目がニューヨークの店舗になる。立地の優れたホテル内にあるスパでありながら、気軽に立ち寄れることが特長。

『サナティオ スパ』とは、ラテン語で“癒し”を意味する言葉。顧客が心身ともに癒されるサロンでありたいと考え、名付けられた。

スリランカのコロンボ大学でアーユルヴェーダの上級講師を務めるDr.R.S.Jayawardane氏が監修し、経験豊富なセラピストが顧客の体調や目的に合わせた施術を行う。

また、使用するアイテムは数々の世界的ブランドの化粧品を採用している。ニューヨークの店舗では、ヨーロッパで大人気のスパプロダクト「KOS」や日本のお茶から開発された「TEMAE」、日本の美容法から開発された話題の米国コスメ「TACHA」などを使用する。

日本のおもてなしを世界に
現在、同社のスパブランドは、『庵SPA『ラヴィラ』『サナティオ スパ』『ハマムスパ』『ソラニスパ』で国内30店舗、海外はニューヨークの他、9カ国に9店舗を展開している。
今後は5年間で国内100店舗、海外はアメリカ、中国、オーストラリア、タイ、シンガポール、ミャンマーなど100店舗の展開を予定。
『サナティオ スパ』は来年、ソウル、バリ、バンコク、シンガポール、国内は越後湯沢、函館、草津温泉などに出展を予定している。
【同施設 概要】
施設名:サナティオ ニューヨーク店
所在地:125 East 50th Street, at Lexington Avenue, New York City, NY 10022-9501 ザ・ベンジャミン内
営業時間:11:00-20:00
オープン:2018年12月20日

料金:オーガニックオイルトリートメント 80USD / 30分〜

【合わせて読みたい】

「庵SPA」が北海道・千歳、沖縄・石垣にオープン

世界一低い!?「庵SPA上海」12月10日(土)開業

高級スパ予約サイト「一休.com スパ」が 大幅リニューアル

スパ・クリスタルアワード、2018年度日本のトップスパを発表

関連記事