ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > DVが影のパンデミックに、「コロナ離婚」防止と一時避難所

DVが影のパンデミックに、「コロナ離婚」防止と一時避難所

投稿日 : 2020.04.10

北海道

東京都

京都府

大阪府

福岡県

バケーションレンタル

カソク株式会社と、宿泊事業の許認可クラウドサービスを手掛ける株式会社ジーテックはこのたび外出自粛をしている世帯向けに、一時避難所を含むコロナ離婚防止の窓口サービスを開始する。各国で外出制限がかかるなかで、女性や子供への家庭内暴力の懸念が高まっており、国連も各国に警戒を促す。

民泊運営会社と行政書士ネットワークが協力

新型コロナウイルスの為に外出自粛をしている全国の世帯向けに、コロナ離婚防止の窓口をするサービス。

カソクのスペース運営の豊富な経験とジーテックの法務サービスを元に、現在の世界的なコロナ離婚というムーブメントに合わせた、画期的なサービスを提供するという。
対応エリアは東京をメインに、札幌、大阪、京都、福岡も対応予定。

新型コロナウイルスの影響で外出自粛をしている間に、夫婦間の関係がこじれてしまった人へマンスリーマンション・ホテル運営会社として一時避難所を提供する。一時避難所の費用は、70,000円〜/月。

また、最終的にコロナ離婚が避けられないといった場合においても、専門の離婚相談窓口にすぐ問い合わせできるように初回問い合わせ通常4,980円/30分のところ、コロナ離婚防止の窓口経由からの相談で初回無料となるという。

女性と女児に対する暴力:影のパンデミック

各国で外出制限が行われ、家で家族と過ごす時間が増える中、国連女性機関は「女性と女児に対する暴力:影のパンデミック」と題する声明を発表。DV(家庭内暴力)の増加が懸念されると警鐘を鳴らしている。

特に欧州各国では早期から日本よりも厳格な外出制限が取られており、すでにDVの増加が報告されている。日本においても長期の休校など、外出制限が高まっており、同様の問題が多発する危険性がある。

【合わせて読みたい】

東日本大震災に学ぶ”震災関連死”を防ぐために必要なこと

週末外出自粛の成果とは、感染症対策でホテル活用が突破口へ

コロナ対策でインフルエンザの流行は昨年比で大幅減少か

3月自殺最多月間、新型コロナで先行き不透明の中、ブルーマンデーに要注意

関連記事