ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 家具サブスクのクラス、無人コンパクトホテルのHostyと提携

家具サブスクのクラス、無人コンパクトホテルのHostyと提携

投稿日 : 2019.08.28

東京都

福岡県

ホテル関連ニュース

クラスは2019年8月28日、無人コンパクトホテル「mizuka(ミズカ)」を運営するHostyと業務提携を締結。ホテル開業時に課題となる家具・家電設置の手間を削減し、オペレーション効率やコストを改善、2020年までに東京・福岡などを中心とした国内各所で合計1,000室のホテル稼働を目指す。

家具設置の作業効率やコストを改善、ホテル開業加速化

ホスティは設計や内装家具デザインのパッケージ化などにより、高いデザイン性を持つホテルをスピーディに開業・運営できることを特徴としてきた。

今後の客室拡大のためには、オペレーション効率とコストの更なる改善が重要となり、クラスと提携することになった。

クラスを活用することで家具・家電の調達や設置に伴うオペレーションコストが大幅に削減でき、期間も約半分となる。また初期費用が不要となることでキャッシュフローが改善され、これまで以上に加速度的な多店舗展開が可能となるという。

mizukaは交通アクセスが良く需要の高い立地に、設計や内装家具デザインのパッケージ化などによる最短2カ月でのスピード開業と高いデザイン性を特徴としたホテル。

ホスティは、2018年旅館業法が改正されたことで可能となった無人でのホテル運営(※福岡では条例によりホテル間のフロントを共有化して運営)にいち早く取り組んできた。低コストオペレーションが可能な新しい業態の宿泊施設として、14施設126部屋(2019年8月28日時点)のホテルを運営している。

クラスは、月々400円から家具・インテリア・家電の利用・交換が行なえるサブスクリプションサービス。「初期コストが抑えられる(送料・保証金も基本0円)」「交換が容易」「上質な素材とデザイン」「長く使うほどお得(3年目には75%OFF)」が特徴で、理想の空間を常にアップデートしていくことができる。

また通常使用の範囲であれば、汚れたり傷ついてしまったアイテムを無料で交換可能。個人宅をはじめ、オフィスや飲食店、ホテルなどで幅広く活用できる。

【合わせて読みたい】

無人コンパクトホテル「mizuka」運営のHosty、3億3千万円資金調達

関連記事