ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 車シェアのCarstay、小田急電鉄と業務連携

車シェアのCarstay、小田急電鉄と業務連携

投稿日 : 2020.01.31

東京都

バケーションレンタル

車中泊スポットとキャンピングカー含む車中泊仕様の車のシェアサービスなど「VANLIFE(バンライフ)」のプラットフォーム事業を展開するCarstayは、小田急電鉄が運営する、地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)」と連携した。

Carstayが進めている地域密着型マーケティングの第1弾として、サービス上で利用可能な割引クーポンをONE会員向けに展開。

また、小田急グループ・UDS株式会社が運営するインバウンド事業者のための複合型コワーキングスペースで、Carstayが本社を置く「INBOUND LEAGUE」の1Fに、Carstayが「バンシェア」で共用する“動くホテル”“動くオフィス”をコンセプトにしたキャンピングカー「VANLIFE STORY」を駐車し、国内外の旅行者やINBOUND LEAGUE会員などを対象に、移動できる宿泊・MTGスペースとしてキャンピングカーを利用する事業を開始する。

今後、Carstayは、小田急線狛江駅近郊に拠点を持つ、「VANLIFE」に特化したキャンピングカーの製作・提供を行う、Dream Drive株式会社と提携し、「バンシェア」からDream Drive社の車両を予約、狛江駅近郊での提供を開始する予定という。

さらに、「バンシェア」や「カーステイ」の利用者の増加、新たなビルなど、固定された従来のオフィスや宿泊などの施設建設だけでなく、MaaSへの社会変革に向けた“動くオフィス”や“動くホテル”などの動く不動産こと“可動産”と“不動産”の新たな連携可能性も探る考え。​

【合わせて読みたい】

車中泊をトリガーとした地域観光活性化に向けCarstayとNTTグループが連携

Carstay、キャンピングカー・車中泊のカーシェアサービス

シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」本格稼働

Carstay「車中泊保険」に包括的に加入

関連記事