ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 車中泊をトリガーとした地域観光活性化に向けCarstayとNTTグループが連携

車中泊をトリガーとした地域観光活性化に向けCarstayとNTTグループが連携

投稿日 : 2019.10.29

栃木県

バケーションレンタル

CarstayNTT東日本NTTル・パルクは、観光客の急増に伴い、昨今ニーズの拡大しつつある車中泊に関する社会課題解決にむけ、NTT東日本保有の駐車スペースを車中泊スポットとして提供を開始、シェアリングエコノミーを推進する。

NTT東日本保有スペースの車中泊対応促進、ビックデータ活用

出典:Carstay

今回、第一弾として開設した車中泊スポットは、栃木県日光市にあるNTT東日本の保有不動産 ①NTT今市ビルと、②NTT川治電話交換センターの駐車場。NTT今市ビルには4台、NTT川治電話交換センターの駐車場には2台の車中泊スポットを整備した。

本日10月29日より、車中泊スポットの検索・予約・決済サイト「Carstay」上から利活用可能となる。

今後は、日光市を皮切りに、順次他エリアへも車中泊スポットの拡大を検討。あわせて、利用者の意向を踏まえた車中泊スポット環境の充実、高品質化による利用者満足度の向上に加え、地域の観光資源や周辺エリアと連携した新たな旅行体験や観光回遊の提供による地域活性化への貢献を目指し、車中泊ユーザの観光動線データ等の収集・分析を行う。

これらのビックデータの活用により、観光地を抱える自治体、観光協会等と連携し、地域観光資源の開発、観光プロモーションの観点から地域活性化支援を推進していくという。

同取組に関して、大嶋一生日光市長は以下のコメントを寄せた。

「日光市は、魅力ある観光資源を数多く有しており、訪れる方々に長期滞在することで、その魅力に触れて頂きたいと考えています。今回の取り組みは、NTT東日本との連携協定に基づき実施するもので、車中泊スペースの提供が、観光地の課題解決や過疎地域の魅力発信ひいては観光による経済活性化に繋がるものと思っております。この取り組みが成功し、日光市の観光施策に反映できることを大いに期待しています。」

出典:Carstay

【合わせて読みたい】

Carstay、キャンピングカー・車中泊のカーシェアサービス

「キャンピングトレーラーフェスティバル2019」相模原で6月1日(土)、2日(日)開催

シェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」本格稼働

Carstay「車中泊保険」に包括的に加入

関連記事