ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「カンデオホテルズ南海和歌山」2020年7月3日開業

「カンデオホテルズ南海和歌山」2020年7月3日開業

投稿日 : 2020.06.10

和歌山県

新規ホテル情報

株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントは、南海電気鉄道株式会社が手掛ける和歌山市駅前直結の再開発複合商業施設「キーノ和歌山」の核テナントとして「カンデオホテルズ南海和歌山」を2020年7月3日(金)にオープンする。

出典:カンデオ

同ホテルは、地上12階建て(ホテル4階~12階)、120の客室を有し、和歌山エリア唯一無二の4つ星ホテルとしてオープン。和歌山には数多くの観光資源があり、国内外からの観光客の需要を創出できる可能性が高く、また駅直結という立地よりビジネス利用も見込めると期待し出店を決定したという。

ロビーには、和歌山の名所の一つである「和歌山城」をモチーフにしたシャンデリアを配すなど、和歌山ならではの演出を施した。

同ホテルの特徴は、健康的な朝食、開放感を感じられる客室、最上階のスカイスパの3つ。
朝食は、観光やビジネスの宿泊客に楽しんでもらえるよう日替わりのビュッフェ形式で提供。(※現在は個食対応)
カンデオホテルズはたくさんのメニューから顧客に合わせて選んでもらえるよう豊富なメニューをそろえることにチェーン全体で取り組んでいるとのこと。

そして、特徴的な部屋として大きな窓ガラスがあり開放感のある客室「コーナーツインルーム」を7部屋、「コーナークインルーム」を14部屋用意した。また、カンデオホテルズチェーンの最大の特徴でもある、星空を望む露天風呂「スカイスパ」は15:00~翌11:00まで運営。最上階から紀ノ川を望む景観を楽しみながら、疲れを癒しすことができるという。

出典:カンデオ

【同ホテル 概要】

名称:カンデオホテルズ南海和歌山 CANDEO HOTELS NANKAI WAKAYAMA

所在地:和歌山市東蔵前丁39
建物設置者:南海電気鉄道株式会社
構造規模:鉄骨造地上12階建
建物延床面積:3,936.65㎡
施設概要:客室 120室
12 階(最上階スカイスパ、露天風呂、内湯、サウナ)
11 階(フロント、ロビー、レストラン)
4~10階(客室)
 宿泊料金:大人2名利用時、1室あたり(税込)※朝食付きプラン
 ・クイーンルーム (18㎡)  50室    9,600円~
 ・コーナークイーンルーム (18㎡) 14室    9,600円~
 ・ツインルーム (20㎡) 49室   14,400円~
 ・コーナーツインルーム (20㎡)  7室   14,840円~

和歌山市には、メトロエンジンリサーチによると、宿泊施設が93、部屋数にして3,839室が提供されている。同ホテルは120室で同市内10番目の規模の宿泊施設。

【合わせて読みたい】

「カンデオホテルズ大宮」2019年10月1日開業

古民家再生「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」7月1日開業

「ブランシェット南紀白浜」2019年7月25日開業

関連記事