ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > BIGLOBEのIoTデバイス、NECと福岡市の翻訳実証実験へ提供

BIGLOBEのIoTデバイス、NECと福岡市の翻訳実証実験へ提供

投稿日 : 2018.11.26

福岡県

インバウンド

ビッグローブ株式会社は、同社のAndroid(TM)搭載IoTデバイス「BL-02」を、NECと福岡市による外国人観光客向け多言語音声翻訳の実証実験へ提供する。

NECと福岡市による外国人観光客向け実証実験は、リアルタイム翻訳を検証するもので、11月26日~12月9日に福岡市の川端商店街で実施される。NECが提供する「多言語音声翻訳サービス」は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した観光会話向けの高精度翻訳エンジンを搭載し、日本語・英語・中国語・韓国語の4か国語に対応。
「BL-02」は小型IoTデバイスで、持ち運びに適した名刺サイズでありながら翻訳メッセージを十分な大きさで表示できる液晶画面を搭載している。また、タッチパネルでのスムーズな言語切り替えや音量調節も容易なためリアルタイム翻訳に適しているという。

近年の外国人観光客の増加にともない、観光地をはじめ交通機関や宿泊施設など、さまざまなシーンで訪日外国人との円滑なコミュニケーションが求められている。名刺サイズで持ち運びしやすく翻訳専用デバイスとしても利用可能な「BL-02」は幅広いシーンで活用できる。

「BL-02」は10軸センサーと、LTE通信機能を備えた名刺サイズのAndroid搭載IoTデバイス。Androidによるアプリ開発が容易でファームウェアのカスタマイズも可能なため、翻訳専用デバイスとしても利用できるほか、介護施設での見守りや工場での導線管理など、さまざまな分野で業務専用機として利用できる。同実験ではIoT通信に「BIGLOBEモバイル」のデータSIMタイプAを利用する。

【合わせて読みたい】

テレビde通訳「関東ブロック伝統的工芸品展」に採用

多言語音声翻訳コンテスト、新しい発想・アイデアを募集

カメラ翻訳とオフライン翻訳機能搭載の音声翻訳機が発売

ソースネクスト「POCKETALK アンバサダー」募集

自動翻訳機「イージーコミュ」仙台観光復興拠点で採用

関連記事