ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > テレビde通訳「関東ブロック伝統的工芸品展」に採用

テレビde通訳「関東ブロック伝統的工芸品展」に採用

投稿日 : 2018.11.19

東京都

インバウンド

株式会社ポリグロットリンクが提供するビデオ通話型通訳サービス「テレビde通訳」が、11月23日(金)~25日(日)に羽田空港国際線旅客ターミナルビルで開催される「関東ブロック伝統的工芸品展2018」の公式通訳サービスとして採用された。

出典:テレビde通訳

外国人観光客と伝統的工芸品の職人との会話をサポート

同サービスの採用は、業界の先駆けとして2011年サービス開始以来、空港・交通機関や、免税ショップ、自治体観光案内所等インバウンド観光施設での豊富な通訳実績が評価された。

同展は、羽田空港国際線旅客ターミナルビルで開催されるため、日本人客の他、多くの訪日外国人観光客の来場が見込まれる。長年に亘り受け継がれている技術や技が用いられた美術や工芸の魅力を、接客を通じて訪日外国人観光客に伝えるため、ビデオ通話型通訳サービスが導入されることになった。

場内では、伝統的工芸品の「展示」に加え、「実演」「販売」を入場無料で開催するため、外国人観光客と伝統的工芸品の職人との、ビデオ通話型通訳サービスを介した「会話」の場面が多く見られることと予想される。

【関東ブロック伝統的工芸品展2018 概要】

会場:羽田空港国際線旅客ターミナルビル(東京都大田区羽田空港2-6-5)

4階 (江戸舞台)/5階 (EDO HALL・お祭り広場)

開催時間:11月23日(金) 11:00~18:00、11月24日(土) 10:00~18:00、11月25日(日) 10:00~17:00

主催:関東ブロック伝産事業実行委員会・一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会

後援:関東経済産業局・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・長野県・山梨県・静岡県

協力:株式会社ピーアールラボ・一般社団法人 全国邦楽器組合連合会・一般社団法人 利根英法基金・株式会社ビッグウイング

【32出展産地】

インテリア:岩槻人形(埼玉)/駿河竹千筋細工(静岡)/江戸指物(東京)/江戸木版画(東京)/江戸木目込人形(東京・埼玉)

食器:木曽漆器(長野)/小田原漆器(神奈川)/箱根寄木細工(神奈川)/東京銀器(東京)/南木曽ろくろ細工(長野)/村上木彫堆朱(新潟)/鎌倉彫(神奈川)/江戸硝子(東京)/益子焼(栃木県)/新潟漆器(新潟)

重厚家具:春日部桐箪笥(埼玉)/真壁石燈籠(茨城)

衣類:塩沢紬/本塩沢(新潟)/本場黄八丈(東京)/東京無地染(東京)/多摩織(東京)/東京手描友禅(東京)/東京染小紋(東京)/村山大島紬(東京)/桐生織(群馬)

和装小物:羽越しな布(新潟)/甲州印伝(山梨)/甲州水晶貴石細工(山梨)/甲州手彫印章(山梨)/房州うちわ(千葉)/江戸からかみ(東京)

出典:関東ブロック伝統的工芸品展2018

【合わせて読みたい】

ソースネクスト「POCKETALK アンバサダー」募集

旅人とガイドをつなぐマッチング「トリップパートナー」

自動翻訳機「イージーコミュ」仙台観光復興拠点で採用

関連記事