ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > チャットボット「Bebot」三重県志摩市観光協会に導入

チャットボット「Bebot」三重県志摩市観光協会に導入

投稿日 : 2019.11.15

三重県

インバウンド

ビースポークと三重県は、本日11月15日から、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービスを「VISITMIE AIチャットボット」として、志摩市観光協会のEnglishページにて開始した。

観光庁まちあるき事業認定「VISITMIE AIチャットボット」

「Bebot」は、毎日4万人以上の訪日客が利用する、AIによるチャットコンシェルジュサービス。訪日外国人が、スマートフォンを通じて日本での旅行に必要な主要情報を取得することができる。

このたび、志摩MaaSと連携して実施している観光庁「観光地の『まちあるき』の満足度向上整備支援事業」を活用し、志摩市を中心に実施していくという。

今回の実証実験では、志摩市エリアの主要観光情報情報を中心に提供する一方で、2020年オリンピック・パラリンピックを含む国際的イベントを契機に、ますます多くの外国人の訪問が見込まれるため、案内対象エリアの拡充や「次世代移動サービス(MaaS)」との連携、地震や台風発生時に「Bebot」を活用した災害情報の発信についても検討していくという。

【合わせて読みたい】

ビースポーク米国法人のCOOにTobias Wessels氏が就任

シカゴの運輸局元長官Gabe Klein氏がビースポークのアドバイザーに就任

訪日客が絶賛!チャットボット「Bebot」の魅力とは

ホテルオークラ東京ベイ、AIコンシェルジュ「Bebot」導入

観光地型「志摩MaaS」第1弾実証実験10月1日開始

関連記事