ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 訪日客向けチャットボット「Bebot」災害時サポート機能開始

訪日客向けチャットボット「Bebot」災害時サポート機能開始

投稿日 : 2018.09.19

指定なし

インバウンド

ホテル関連ニュース

株式会社ビースポークは、同社が提供するAIチャットコンシェルジュ「Bebot」において、災害時サポート機能の提供を本日9月19日(水)から開始したことを発した

AIチャットボット「Bebot」

「Bebot(ビーボット)」は、1日3万5千人の訪日外国人が使うという訪日外国人向けのスマートフォン用「AI(人工知能)コンシェルジュ」。

宿泊施設や商業施設のスタッフに代わり、AIを使い、英語や中国語で24時間365日各種問い合わせに対応する。利用者は、自身のスマートフォンのブラウザ画面を通じて「Bebot」を利用することができ、導入施設は、現場の負担を軽減するだけでなく、「Bebot」チャット内で利用者に口コミ投稿を依頼することもできる。「Bebot」の導入にかかる期間は数週間程度、施設ごとにカスタマイズが可能。

現在、国内外の宿泊施設、空港、駅へ導入されており、JR東京駅、成田国際空港、ホテルニューオータニ、ソフィテルホテル、ホリデイ・イン、グランベルホテル、アラマンダ青山、蔦温泉ほか多数の導入実績を有する。

災害時サポート機能の提供を開始

東日本大震災をはじめ、近年では熊本地震、西日本を中心とした2018年7月豪雨、そして直近の北海道胆振東部地震など、甚大な災害が多発している。今回の北海道胆振東部地震では、北海道内の宿泊予約キャンセルが延べ94万人超で、観光産業への影響額が約292億円に上るとの北海道の調査結果が発表され、外国人客数、国が進めるインバウンド施策自体にも影響が心配されている。

また、「Bebot」を利用する外国人旅行者からも避難場所や、ホテル・レストランの営業確認、返金対応などの質問が多数寄せられたという。このような状況に直面したことがきっかけで、同社は「Bebot」にて災害時サポート機能の提供を開始した。チャットを通じて、災害情報の案内を強化することで、より安心安全な旅を提供できるよう努めるという。

今回提供する災害時サポート機能には、緊急速報の発信、災害発生時に取るべき行動・避難場所を発信、非常事態発生時にとるべき行動を平時から啓蒙することなどとなる。

出典:ビースポーク

 

合わせて読みたい
  • 訪日外国人向けAIコンシェルジュが成田空...

  • アジアクエストと昭文社がAI観光コンシェ...

  • AIを用いた訪日外国人向け観光案内サービ...

  • 「triplaチャット宿泊予約」がホテル...

関連記事