ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルニュージャパンのオーナーが率いた日本産業が破産

ホテルニュージャパンのオーナーが率いた日本産業が破産

投稿日 : 2019.03.13

東京都

ホテル関連ニュース

日本産業株式会社は東京都千代田区永田町で1982年に発生したホテルニュージャパンの火災事件で知られる故・横井英樹氏が創業した横井グループの1社。3月6日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

同社は株の買占め事件や宿泊客ら33人が死亡する大惨事となったホテルニュージャパン火災事故などで有名となった故・横井英樹氏率いる横井グループの1社。

東京、名古屋、大阪、京都などでボウリング場やパチンコ店を経営し、ホテル買収なども手がけ、ピーク時の1992年12月期には年間売上高約105億円をあげていた。

1993年11月にグループ実権者の横井英樹氏がホテルニュージャパンの火災事件で禁固3年の実刑判決が確定し、信用が大きく失墜。その後、決済難に陥り、2003年4月に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた。

当時の負債総額は債権者約37名に対し約2,325億800万円だった(2005年8月に手続き終結)。

民事再生当時は再生計画に基づきボウリング場などの運営を行っていたものの、後に施設は閉鎖され、ここに来て今回の措置となった。負債は現在調査中。

帝国データバンク東京商工リサーチが本日3月13日に一斉に報じた。 

【合わせて読みたい】

エメラルドグリーンクラブ、民事再生法適用

稚内サンホテルが自己破産、北海道地震で予約キャンセル

東京グリーン開発が特別精算、歌舞伎町でカプセルホテル経営

老舗旅館が石川県粟津温泉で倒産続く

SK産業(旧・味匠)が破産、負債総額30億円超

大江戸温泉物語グループが「ホテル木曽路」を8月1日リニューアル・オープンー元運営会社の特殊精砿は6月に倒産

ホテルリゾネックス名護が倒産、負債総額48億円

関連記事