ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > クレジットカード不正対策「ASUKA for Travel」SYSと提携

クレジットカード不正対策「ASUKA for Travel」SYSと提携

投稿日 : 2019.05.28

指定なし

ホテル関連ニュース

株式会社アクルは、株式会社エス・ワイ・エス(SYS)と業務提携し、SYSの提供する直販支援予約システム「OPTIMA」を利用する宿泊施設運営事業者に対し、クレジットカード不正防止・認証サービス「ASUKA for Travel」の提供を開始する。

安全・安心なクレジットカードの利用環境の構築へ

出典:アクル

現在、ホテルなどの宿泊施設を運営する事業者においても、不正に入手された第三者のクレジットカードにより宿泊予約をされることで、宿泊代金を回収できないという被害が多数発生している。

被害が発生した宿泊施設運営事業者に対する調査によると、被害の増加の背景には、対面決済とは異なり本人確認が比較的困難であるオンライン予約の利用数の全体的な増加や、訪日観光客の増加により転売や換金の機会が増加したことなどが想定されている。

出典:アクル

同社はクレジットカード加盟店向けの不正利用対策ソリューションを提供しており、旅行業界向けに特化した不正防止・認証サービス「ASUKA for Travel」を、2018年から開始している。

今回、ホテルなど宿泊施設向けの直販支援予約システム「OPTIMA」を提供するSYSとの提携により、「OPTIMA」を利用の宿泊施設運営のクレジットカード加盟店は、同社の不正防止・認証「ASUKA for Travel」をシームレスに導入することが可能になる。

クレジットカード不正利用、チャージバックが発生した宿泊施設では、被害の拡大を防ぐため、迅速な不正対策の構築が重要になる。直販支援予約システム「OPTIMA」を提供するSYSと同社がシステム連携する事で、迅速なカード不正利用対策の構築を実現するという。

一方で、不正利用やチャージバックによる被害が発生していない宿泊施設においても、将来見込まれる訪日観光客の増加や、情報漏洩事故の発生などの環境要因による不正や被害リスクが潜在的に存在している。

こうした将来に向けたリスクに対しても、不正利用やチャージバックが発生した場合の選択肢が存在する事で、安心してSYSの直販支援予約システム「OPTIMA」を利用する事ができるという。

また、旅行業界におけるクレジットカード不正利用の傾向や被害事例の情報交換を積極的に実施する事で、宿泊施設運営事業者に対するクレジットカード不正利用に対する啓蒙活動も推進。宿泊施設を運営する各事業者に対して、安全・安心なクレジットカードの利用環境の構築を支援する。

【合わせて読みたい】

経産省、QRコード決済で不正流出したクレジットカード情報の不正利用防止ガイドライン

マリオットのスターウッドが5億人の顧客データ流出

波紋を広げるホテル情報漏洩事件ー狙われるホテル、相次ぐ不正アクセス被害

Verizonがモバイルセキュリティの脆弱性を警告

関連記事