ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アリストンホテル大分、2021年春、移転再開業 

アリストンホテル大分、2021年春、移転再開業 

投稿日 : 2019.09.30

大分県

新規ホテル情報

アリストンホテルズアンドアソシエーツは、2019年3月に営業を終了した旧アリストンホテル大分を、場所を駅前に移し、より利便性を高め、再びオープンすることを決定。再オープンするホテルの住所は、大分県大分市金池町2-6-4となる。

アリストンホテル大分(仮称)の開業は、2021年春頃を予定しており、アリストンホテルズグループ5棟目(九州では3棟目)のホテル。

同ホテルは、JR大分駅府内中央口徒歩3分、長距離バス乗り場にも近く、観光・ビジネスの拠点として抜群のアクセス。

運営していたアリストンホテル大分で培ったホテルの運営実績・経営ノウハウを生かし、より一層利用者のニーズをくみとったホテルとして改めて開業する予定という。

メトロエンジンリサーチによると、大分市には宿泊施設109、客室数にして6,188室が提供されている。

新規開業予定としては、JR大分駅前の北口駅前広場に面した大分市末広町1丁目に大和ハウス工業が2021年に200室ほどの中規模ホテルの開業を予定している。

【合わせて読みたい】

「アリストンホテル京都十条」が5月10日開業

【ラグビーWC会場】大分スポーツ公園総合競技場周辺ホテル展開状況

ヤマト運輸が大分で手ぶら観光を推進ーインバウンド需要獲得、国の支援も


関連記事