ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「アパリゾート上越妙高」4月5日(金)2019シーズン開始

「アパリゾート上越妙高」4月5日(金)2019シーズン開始

投稿日 : 2019.02.28

新潟県

ホテル関連ニュース

アパホテルが運営する「アパリゾート上越妙高」は、4月5日(金)より2019シーズンをオープン。今年は大規模イルミネーションイベントに続き、日中も楽しめる集客型庭園「(仮称)ひまわりコキア王国」を初開催する。

集客型庭園「(仮称)ひまわりコキア王国」を初開催

同施設は、2019シーズンより、日中も楽しめる新たな取り組みとして、世界的庭園デザイナー石原和幸氏プロデュースによる集客型庭園「(仮称)ひまわりコキア王国」を開催する。

2014シーズンより夜間の集客企画として開催している丸々もとお氏プロデュースの大規模イルミネーションイベント「アパリュージョン2019」と連携し、日帰りや宿泊者にとって一日を通して楽しめる滞在型リゾートを目指すという。

出典:アパホテル

2014シーズンより毎年開催している、夜景評論家・夜景プロデューサーの丸々もとお氏のプロデュースによる大規模イルミネーションイベントは、昨年2018シーズンは大きくコンセプトを変え、アパが織りなすイリュージョンを意味する「アパリュージョン」にイベント名称を変更し、来場者が時空を超えて7つの異次元世界を旅する体験型イベントを演出した。

2019シーズンは、「絶景体験」、「没入体験」、「国内初のインパクト」という3つのテーマに絞り、驚愕の光と音の映像演出を実現する。9番ホールの広大なグラウンドでは大型プロジェクター10台とレーザー機器を活用し、世界初のグラウンド3Dプロジェクションマッピング&オーロラショー「天地を包む光と絶景の奇跡」を展開。世界の絶景が妙高に降臨する映像演出をメインコンテンツに、アーティスティックなギミックを取り入れた絶景映像とオーロラショーが共演する。

その他、ライトアップされたバラの花畑やLEDのバライルミネーションなどを活用した「3Dフラワーロード」、頂上へと続く300mの坂道に大小の動物オブジェを配置して夏夜のナイトサファリを演出する「アニマルロード」などの新演出も登場する。

出典:アパホテル

【アパリゾート上越妙高 概要】

所在地:新潟県妙高市桶海1090

アクセス:しなの鉄道「妙高高原駅」から無料送迎バスで約25分

客室数:全226室(本館139室、別館87室)

新潟県妙高市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、妙高市には宿泊施設が283施設、部屋数にして3,877室が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルは226室で2位にランクインしている。

【合わせて読みたい】

アパグループ2018年11月期連結決算、過去最高益更新

アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉2020年6月開業

アパホテル、大田区「大森」駅前に大浴場付ホテル

富山県高岡市、アパホテル〈高岡駅前〉起工式開催

関連記事