ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > アパホテル〈新大阪 江坂駅前〉2020年6月23日開業

アパホテル〈新大阪 江坂駅前〉2020年6月23日開業

投稿日 : 2020.07.09

大阪府

新規ホテル情報

アパホテル株式会社は、6月23日、吹田市初、大阪府下20棟目となるアパホテル〈新大阪 江坂駅前〉(大阪府吹田市江の木町1番3号、全127室)を開業した。

出典:アパホテル

同ホテルは、大阪メトロ御堂筋線 「江坂駅」徒歩1分の駅前好立地。「新大阪駅」まで2駅5分、梅田、心斎橋、なんば、天王寺へも乗り換えなしで行けるほか、大阪国際空港(伊丹空港)まで車で約20分と主要ターミナル駅や空港へ交通アクセス至便である。

客室については機能性・利便性を追求した最新仕様とし、最大4名で利用できるデラックスツインルーム・コネクティングルーム等、バリエーション豊富な間取りで、ビジネスのみならず、国内レジャー、インバウンド(訪日外国人)など幅広い宿泊需要を取り込んでいくという。

客室は全室禁煙で、高品質・高機能・環境対応型を理念とする「新都市型ホテル」の標準仕様として、全室50型以上大型液晶テレビを設置。館内案内をテレビ画面上に集約表示した「アパデジタルインフォメーション」には、自身のスマホからYouTubeの動画や写真などをテレビに映すことができる「ミラーリング機能」やテレビリモコンでチェックアウト時間の延長手続ができる「セルフ延長機能」などを備えている。また、全室に空気中の花粉やカビ菌、ウイルスなどを無効化し、脱臭効果のある「ナノイーX」を搭載し、従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンや客室の明るさにこだわったLEDシーリングライトを導入しており、快適に滞在できるよう品質にこだわっている。

その他の全室標準仕様として、ベッド下に荷物の収納スペースを設けたオリジナルベッド「Cloud fit SP(クラウドフィット エスピー)」やリュックサック等を掛けるフックを設けた多機能姿見を設置し、空間を立体的に活用しているほか、照明スイッチ類、空調リモコン等をベッドの枕元に集約し、携帯・スマホの充電に便利なUSBポート・コンセントを枕元に設置しており、機能性・利便性を追求した客室空間としている。

開業記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄氏が、「当ホテルは交通の要衝である新大阪駅に近く、アクセス至便で好立地な場所にある。東京都心では10年前に6ホテルしかなかった直営アパホテルは、現在建築・設計中を含め77ホテルまで増加した。現在コロナ禍の中ではあるが、日本で断トツの日本一に成るべく、建築・設計中の45棟15,388室は計画通り進めていく。新型コロナウイルスでインバウンドが激減し大変な時期ではあるが、観光産業が今後一番の成長産業であるため、需要にあった様々なホテル作りをしていきたい。一度宿泊をして頂き、アパホテルの魅力を体感していただきたい。東京に次ぐ都市は大阪であるので、今後も大阪への出店は継続していく。今後、梅田にアパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉(34階建・全1,704室)、なんばにアパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉(39階建・全2,060室)の計画を進め、更なる拡大を図っていきたい。」と述べた。

出典:アパホテル

メトロエンジンリサーチによると、吹田市には宿泊施設が17、部屋数にして2,209室が提供されている。同市内で同ホテルは127室で7番目の規模の宿泊施設。

【合わせて読みたい】

「アパホテル〈大阪天満橋駅前〉」2021年3月開業

アパホテル〈御堂筋 西中島南方駅前〉2020年秋開業

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

大阪府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

関連記事