ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「アンサ沖縄リゾート」2019年12月6日開業

「アンサ沖縄リゾート」2019年12月6日開業

投稿日 : 2019.12.18

沖縄県

新規ホテル情報

ベルジャヤ・コーポレーション・グループ傘下のベルジャヤ ホテル&リゾーツ(BHR)は2019年12月6日、沖縄県うるま市で「アンサ沖縄リゾート」(沖縄県うるま市石川山城1468、123室)の正式開業を発表した。

出典:アンサ沖縄リゾート

アンサ沖縄は、トロピカルな気候と美しいビーチやサンゴ礁で知られる沖縄県で3番目に人口の多いうるま市の高台に位置しており、西に東シナ海、東に太平洋と沖縄本島の両側の海を一望できる絶好の立地。丘の上に立つ6階建てのリゾートは総延べ床面積7,833平方メートル、スイートを含む総客室数は123室。

アンサ沖縄は2つのレストラン、バンケットホール、カンファレンスルームのほか、屋外プールやサウナ、フィットネスセンター、駐車場などの施設を備えている。またヤギと触れ合えるコーナーや子供向けの大型エア遊具、ピクニック、草ソリ、サイクリング、ジャングルトレッキングなど、家族で楽しめるさまざまなアクティビティも豊富に用意されている。

ベルジャヤ・ランドのCEO、Syed Ali氏は次のように述べた。

「2016年に京都に開業したフォーシーズンズホテル・アンド・レジデンス京都の成功に続くアンサ沖縄のオープンは、日本で多大な投資を続けるベルジャヤ・グループにとって、新たなマイルストーンとなるものです。今後、2020年第2四半期中には『フォーシーズンズリゾート アンド プライベートレジデンス 沖縄』の基礎工事にも着手する予定であり、沖縄でのより長期的な開発プロジェクトの展開を大いに楽しみにしています。」

メトロエンジンリサーチによると、沖縄県うるま市には宿泊施設が109、部屋数にして782室が提供されている。

BHRはマレーシアの上場企業であるベルジャヤ・コーポレーション・グループの傘下にあり、マレーシアでアイランドリゾートから都市型ホテルまで、多様な施設を展開。また、フィリピン、ベトナム、スリランカ、セイシェル、英国、日本、アイスランドでもインターナショナルなホテルやリゾートを設立するなど、国境を越えて世界に事業を拡げている。

出典:アンサ沖縄リゾート

【合わせて読みたい】

「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」2020年7月1日開業

【南北対決】北海道札幌市 v 沖縄県那覇市 ホテル展開状況

沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

沖縄県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事