ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

沖縄県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

投稿日 : 2019.08.27

沖縄県

ホテル統計データ

観光客数でハワイを凌ぐ存在へと発展した沖縄県。同県内の各市町村のホテル開発状況を客室数/施設数のランキングにて増加率とともにお送りする。

首位は那覇市、2位石垣市、本島西南部、宮古・八重山に分散

メトロエンジンリサーチによると、沖縄県における新規開業予定は6,877室/40施設となっており、既存の客室数から12.8%の増加を見込んでいる。

県庁所在地である那覇市が1,262室/7施設で同6.4%の増加を予定し、トップとなった。

2位は石垣市で、782室/4施設となり同14.6%増と激増する予定。

また、本島西部国頭郡の恩納村が684室/3施設で同12.3%の増加で3位。

さらに、本島南部の糸満市ではケン・コーポレーションが452室の大規模宿泊施設を2020年7月に開業を予定しており、4位となった。

5位は、本島中頭郡 北谷町の594室/4施設で同28.6%の増加見込み。

6位は本島国頭郡の本部町で、432室/2施設の新規開業を予定で同24.2%増の激増を予定。

7位はクルーズ船や下地島空港の開業で賑わう宮古島市で、337室/4施設の開業を予定(同7.2%増)する。

そのほか、県内では沖縄市やうるま市、中頭郡 読谷村、浦添市、名護市、竹富町、今帰仁村など新規開業が本島中心部だけでなく、宮古・八重山列島などの数多くの市町村、エリアに分散して予定されている。

(紫色の家マークが新規開業予定施設)

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

沖縄県ホテル展開状況(2019年7月現在)

千葉県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

神奈川県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

京都府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

大阪府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

関連記事