ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANA、九州佐賀国際空港をイノベーション推進の拠点に

ANA、九州佐賀国際空港をイノベーション推進の拠点に

投稿日 : 2019.03.27

佐賀県

ホテル関連ニュース

全日本空輸株式会社(ANA)は、佐賀県の協力のもと、航空業界の取り巻く環境変化に対応するべく、九州佐賀国際空港をイノベーションモデル空港として位置づけ、新しい技術を活用した働き方改革を推進するプロジェクトを開始する。

Simple & Smartな空港オペレーションの実現に向けて

空港地上支援業務のSimple & Smart化に向け、佐賀空港を新しい技術を「試す」実験場として位置付け、ANAグループが取り組む先進技術を1拠点に「集める」ことで、目指すべき働き方モデルを可視化。

また、それぞれの技術を「繋げる」ことを通じて、一連の業務工程の相互連携を図りながら、新しい働き方を検証していく。

具体的にはロボットスーツを活用した手荷物や貨物の積み込みと積み降ろし、リモコンによる航空機の移動・牽引の実用化に取り組むほか、手荷物の自動積み付け技術やコンテナ搬送の自動化技術についても、技術検証を踏まえ、今後、実用化を目指す。

ANAグループは、空港における「人と技術の融合・役割の見直し」を図り、イノベーションを推進することで、佐賀空港をより多くの人にとって働きやすい職場にしていくとともに、サービス品質の向上を通じて、利用する顧客に対しては、「あんしん・あったか・あかるく元気」なサービスを提供していく。

佐賀県は、このプロジェクトに協力し、佐賀空港が「誰もが働きやすく魅力ある職場」となるとともに佐賀空港を利用される顧客に対するサービスの質が向上していくことを期待しているという。

また、佐賀県は日本初の実用蒸気船や鉄製大砲の鋳造を成功させるなど、幕末の日本における産業革命をリードした場所であり、21世紀に再びこの佐賀の地から、空港における働き方改革だけではなく、少子高齢化・人口減少といった日本が今後直面する社会課題の解決に向け積極的に取り組んでいく考え。

導入する技術としては以下の通り。

・ロボットスーツを活用した作業負荷軽減

・リモートコントロール式航空機牽引・移動

出典:ANA

・手荷物自動積み付け技術

出典:ANA

・トーイングトラクター自動走行技術

出典:ANA

【合わせて読みたい】

JR東・ANA、台湾「JAPAN RAIL CAFE」で新潟県・長野県観光PR

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート「サンゴ保護活動プラン」

ANA、国内初、空港でトーイングトラクターの自動走行テスト

ANA、バイオ・ジェット燃料購入を決定

関連記事