ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > Airporterが総額数千万円規模の資金調達を実施

Airporterが総額数千万円規模の資金調達を実施

投稿日 : 2019.06.24

指定なし

インバウンド

手荷物 “当日配送” で「観光時間を創出」する株式会社Airporterは、この度、basepartners LLP、マネックスベンチャーズ株式会社、みずほキャピタル株式会社を引受先とする、総額数千万円規模の第三者割当増資を実施した。

ホテルとの業務提携を強化、東京4万・大阪1.5万室へ

出典:Airporter

Airporterは「観光時間を創出する」をミッションに据える、宿泊施設と空港間の手荷物当日配送サービスを提供。「荷物を預けたい旅行者」と「荷物を預かりたくない施設」のジレンマを解消するために開発された。

資金調達の引受先は以下の通り。
・basepartners LLP
・マネックスベンチャーズ株式会社
・みずほキャピタル株式会社

同社は2018年、目標である東京エリア1万室、大阪エリア5千室へのサービス導入を達成。今後、ホテルとの業務提携を強化する。東京40,000室、大阪15,000室へのサービス導入を目指す。

Airporterは顧客と直接チャット。今後、提携施設へのヒアリングも強化し、顧客と施設から得られた知見や改善点といった声を形に変えていくという。

【株式会社Airporter 概要】
代表者:泉谷邦雄
設立:2017年11月
所在地:東京都千代田区大手町二丁目6-2日本ビルヂング12F

【合わせて読みたい】

JALABCと手荷物当日配送のAirporterが業務提携

関連記事