ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「さっぽろ雪祭り」期間中の札幌宿泊予約状況

「さっぽろ雪祭り」期間中の札幌宿泊予約状況

投稿日 : 2019.01.25

北海道

ホテル関連ニュース

アゴダはこのたび、2019年1月31日から2月11日まで札幌で開催される「さっぽろ雪まつり」の期間中の札幌市内の宿泊施設への予約状況を取りまとめ、発表した。札幌市内のホテル展開状況と合わせてお送りする。

海外からは中国、韓国、台湾がトップ3にランクイン

1950年から毎年札幌市の大通公園を中心に開催される「さっぽろ雪祭り」は、毎年200万人以上の国内外の旅行者が訪れる、日本で最も人気のあるイベントのひとつ。

アゴダの予約データによる、2019年1月31日~2月11日の札幌への旅行者数ランキング国別/都市別 トップ10は以下の通り。

出典:アゴダ

海外からは、中国、韓国、台湾からの旅行者が、予約ランキングの上位を占めている結果が明らかとなった。

一方、国内からは、東京、大阪、横浜からの予約件数がトップ3を占めた。

札幌市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、札幌市には宿泊施設が263、部屋数にして31,792が提供されている。

同市の区ごとの客室展開状況は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

さっぽろ雪まつりは昨年には254万3000人(大通会場は187万4000人、つどーむ会場は66万9000人)の人々が来訪。第70回となる今年も多くの国内外の人々が訪れ、宿泊することが予測されている。

【合わせて読みたい】

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

札幌市の空路便の推移にみる外国人宿泊者数の動向

活況を呈している北海道・札幌市のホテル開発――その背景にあるものとは

アゴダ、人気旅行先ランキング2018を発表

関連記事