ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

山口県 

  • JR西日本、地域共通クーポンで利用できる「自由周遊きっぷ」を発売

    JR西日本は、国が実施している観光支援事業「Go Toトラベル事業」で配布される「地域共通クーポン」の利用者に限定した「Go To トラベル 地域共通クーポン限定 自由周遊きっぷ」を発売した。

  • ヴィアインホテルチェーンでサーマルカメラによる検温システム運用開始

    JR西日本グループが運営するヴィアインホテルチェーンで、非接触型サーマルカメラ検温システムの運用が開始された。8月下旬頃に全24店舗に設置完了予定。

  • 山口・美祢「秋芳観光ホテル秋芳館」新型コロナ倒産

    (株)秋芳観光ホテル秋芳館(山口県美祢市秋芳町秋吉台1237-236、設立1952年10月、資本金1億円)は4月30日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任。秋芳ロイヤルホテル秋芳館(山口県美祢市秋芳町秋吉台1237-236、43室)を経営していた。新型コロナの影響でキャンセルが相次いだ。

  • 「萩グランドホテル天空」運営の長州観光開発がコロナ倒産

    観光ホテル「萩グランドホテル天空」(183室)を運営する長州観光開発(株)(資本金9000万円、萩市古萩町25、従業員69名)は、4月6日に山口地裁へ自己破産を申請した。萩市内最大のホテルで、山口県内初の「新型コロナウイルス」関連倒産。負債額も18億円に上がる。

  • 山口県の宿泊業で初の特定技能1号にモンゴル人女性

    山口県

    インバウンド

    投稿 : 2020.02.27

    外国人人材サービスを運営する株式会社ダイブは、同社から紹介したモンゴル人の特定技能の在留資格許可がおりた。山口県の宿泊分野における特定技能在留資格許可は初めての認定になる。

  • 星野リゾート、2019-20年 国内外で8施設を開業

    星野リゾートは、2019年6月に星のやグーグァン、10月に西表島ホテルの運営を開始し、11月にはリゾナーレ那須の開業を予定。2020年には新たに5施設の展開を予定しており、2020年中に運営数が45施設に達する見込み。

  • スーパーホテルに机がワイヤレス充電器になるdeskHack導入

    株式会社CIOが製造・販売する、机の裏に貼るだけで机の上がワイヤレス充電器になる『deskHack』がスーパーホテルに導入される。

  • 「星野リゾート 界 長門」2020年3月12日開業

    山口県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.10.04

    星野リゾートは、山口県・長門湯本温泉に「星野リゾート 界 長門」(40室)を2020年3月12日に開業する。山口県長門市ホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 阿蘇・山口など新たに5地域で「地域通訳案内士」導入

    観光庁は、地域通訳案内士制度について、新たに中津市(大分)、高島市(滋賀)、竹田市(大分)、阿蘇地域8市町村(熊本)、山口県央連携都市圏域7市町の5地域において、新しい「地域通訳案内士」を誕生させる。

  • 星野リゾート「OMO 下関(仮)」2023年春開業

    山口県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.06.14

    星野リゾートは、⼭⼝県下関市あるかぽーと地区において、「星野リゾート OMO  下関(仮称)」を2023年春開業。関⾨海峡を臨む景観を最⼤限に⽣かした魅⼒溢れるホテルの開業に向けて、下関市と協働で取り組む。同社の⼭⼝県での事業は、⻑⾨湯本温泉にある「界 ⻑⾨」に続き2施設⽬となる。