ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

宮城県

  • “otomo” 北海道・宮城・愛知・岐阜・三重・広島へ提供拡大

    インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービスを運営する「otomo」は、北海道・宮城・愛知・岐阜・三重・広島へサービスの提供エリアを拡大、70種類以上のツアープランを新たに提供。同エリアでは、2019年9月よりガイド登録の受付を開始し、10月よりツアーの予約受付を開始する。

  • 調理師のためのハラール研修、全国10カ所で開催

    公益社団法人調理技術技能センターは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、旅館・ホテルにおけるハラール需要が高まるなか、日本における調理の特性を考慮しながら、ハラールに対応できる知識や技術についての研修(厚生労働省国庫補助事業)を全国10会場で開催する。

  • JNTOが東北観光PRイベントをバンコクにて開催

    日本政府観光局(JNTO)は、8月24日(土)および25日(日)に、東北地方の観光魅力を広くPRすべく、東北観光推進機構が実施する東北トップセールス事業と連携、タイ・バンコクで、一般消費者向けPRイベント『ガーン・ティアゥ・トーホク・イープン(日本東北観光フェア)』を開催する。

  • ロイヤルパークホテルズ「生分解性ストロー」「認証ワイン」「国際フェアトレード認証コーヒー」導入

    三菱地所グループの株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、SDGs(持続可能な開発目標)の取り組み推進を目的に、「生分解性ストロー」、「認証ワイン」、「国際フェアトレード認証コーヒー」を導入する。

  • 宮城県ホテル展開状況(2019年7月)

    みちのくの経済の中心地、「杜の都」仙台を抱える宮城県。2019年7月時点の宮城県のホテル展開状況を県内各自治体ごとの客室数、施設数を仙台市内各区のランキングとともにお送りする。

  • パソナ「台湾×東北」イン・アウトバウンド促進支援

    パソナグループで東北におけるインバウンド観光開発・プロモーション事業を展開するVISIT東北は、東北の自治体・事業者を対象に、台湾と東北のイン・アウトバウンド促進を支援する「台湾ワンストッププロモーションサービス」を本日6月17日(月)から開始する。

  • 「R&Bホテル」名古屋駅前、仙台駅東口に2020年相次ぎ開業

    ワシントンホテル株式会社は、仙台市若林区に2020年4月「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」(全195室)を、名古屋市中村区に「R&Bホテル名古屋駅前(仮称)」(全237室)を2020年12月に開業するべく、ホテル建設を着工した。R&Bホテルは両店舗開業後、全国で25店舗となる。

  • JR東⽇本とシートリップが東北・東⽇本エリアへの誘客で戦略的提携

    JR東日本と中国最⼤規模のオンライン旅⾏会社であるCtripは、このたび、東北をはじめとした東⽇本エリアへの、訪⽇外国⼈旅⾏者の誘客に向けた「戦略的提携」を⾏うことについて合意した。

  • 宮城県東松島市、防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」で防災と健康ワークショップ

    貴凛庁株式会社は、自社の旧野蒜小学校をリノベーションした宮城県東松島市の防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA」にて、「防災と健康ワークショップ」を3月17日(日)に開催する。

  • 東北風土マラソン&フェスティバル2019、3月23・24日開催

    「東北風土マラソン」は、宮城県登米市で開催される宮城唯一のフルマラソンを含むファンラン大会。東北の日本酒が蔵人と共に集まる「東北日本酒フェスティバル」や被災地の復興状況が見学できる「東北風土ツーリズム」なども同時開催。宮城県北部被災地域のホテル展開状況と合わせてお送りする。