ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

佐賀県 

  • 佐賀県 唐津市で市民向けの宿泊割引を実施 県民割引との併用も可能

    佐賀県の唐津市では、コロナ禍で売上が落ち込む市内の観光産業を支援するため、市民を対象に宿泊施設や飲食店で使用できるクーポン券の発行を始めた。

  • 【佐賀県】県民向け県内誘客キャンペーンの予約起源を10月末に延長

    佐賀県観光連盟は県民の県内旅行を1人1泊あたり最大7,000円支援する「佐賀支え愛宿泊キャンペーン 第3弾」の予約期限を10月31日まで延長するすると発表した。

  • 佐賀県の宿泊補助「佐賀支え愛宿泊キャンペーン」6月7日より再開

    感染状況の悪化により停止していた佐賀県の宿泊補助事業「佐賀支え愛宿泊キャンペーン」第3弾が6月7日より再開されることが決定した。

  • 「佐賀支え愛 宿泊キャンペーン 第3弾」4月15日開始|最大7,000円補助

    佐賀県は佐賀県民を対象とした、観光誘客キャンペーン「佐賀支え愛 宿泊キャンペーン 第3弾」を4月15日より開始した。

  • Go To併用で実質無料!「LOOKUP Kumamoto キャンペーン」開始

    熊本市は九州在住者(沖縄県を除く)対象の熊本市内への旅行代金を最大10,000円割引する「LOOKUP Kumamotoキャンペーン」を開始した。

  • 佐賀県嬉野市、温泉宿泊者にタクシー代最大1台4万円補助

    佐賀県嬉野市は、嬉野温泉の宿泊者に観光周遊のタクシー代を補助する「【GO TO URESHINO】タクシー周遊事業」を始めた。新型コロナ感染拡大で利用減が続く宿泊施設・観光施設・タクシー事業者を支援したい考え。

  • 佐賀県で宿泊割引第2弾が開始 GoTo併用可で1人最大5,000円割引

    九州在住者を対象とした佐賀県の観光誘客キャンペーンの第2弾が10月22日より実施されている。1人当たり最大5,000円割引で、12月の宿泊分までが対象。

  • (有)グランド鳳陽(嬉野温泉)自己破産へ 新型コロナ関連倒産

    佐賀県嬉野市に本拠を置く旅館経営の「有限会社グランド鳳陽」が、自己破産の準備に入ったことが明らかになった。新型コロナウイルスの影響による臨時休業や宿泊客が減ったことが原因。負債総額は約5億円の見通し。

  • アパ「佐賀駅前中央」が新型コロナ軽症者受け入れ

    アパホテル〈佐賀駅前中央〉(237室、佐賀県佐賀市)は4月25日より、新型コロナウイルス無症状者及び軽症者のホテルでの受け入れの一棟借り上げ方式による宿泊療養施設となる。

  • 西日本最大級のスキー場やホテル運営の瑞穂リゾートが倒産

    日本最大級のスケールを誇るスキー場で宿泊施設(40室)もある「瑞穂ハイランド」(島根県邑南町)を運営する瑞穂リゾート(株)(資本金1000万円、広島市西区南観音7-16-15、従業員24名)と複数のホテル運営を行う瑞穂商事などの3社は、3月31日に事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。