ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

三重県 

  • 三重県 宿泊クーポンを9府県に対象拡大し追加発行 10月1日から

    三重県が発行する、宿泊料金が1泊5,000円割引となる「みえ得トラベルクーポン」。10月1日より対象を東海・関西圏の9県に拡大して配布される。

  • 三重・鈴鹿でホテル経営の北海観光が新型コロナ関連倒産

    「ホテル北海」の名称でファッションホテルを経営する北海観光(有) (三重県鈴鹿市寺家町1042-3、設立1971年10月、資本金300万円)は6月5日、津地裁より破産開始決定を受けた。新型コロナによる外出自粛により資金繰りが悪化した。

  • 三重県志摩市で旅館業運営の「星たる観光」が倒産

    (株)星たる観光(三重県志摩市阿児町鵜方3618-37、設立2014年7月、資本金100万円、9室)は3月26日までに事業を停止し、津地裁伊勢支部への破産申請を弁護士に一任した。

  • 「伊勢・志摩 湯快リゾートプレミアム 鳥羽彩朝楽」2020年5月1日開業

    三重県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2020.03.04

    全国有名温泉地で温泉リゾートホテルを運営する湯快リゾート株式会社は、2020年5月1日(金)に「伊勢・志摩 湯快リゾートプレミアム 鳥羽彩朝楽」を、三重県鳥羽市にオープ ンする。

  • 志摩スペイン村、全ての従業員がマスク着用

    志摩スペイン村は、休園・休館日明けにあたる2月8日の営業より、新型コロナウイルス感染症の発生が国内で報告されている現状に鑑み、顧客への感染予防および拡散防止対策を実施する。

  • バリ風リゾート「Sayaの風」2019年12月1日開業

    三重県

    新規ホテル情報

    投稿 : 2019.11.19

    株式会社ミューズは、2019年12月1日(日)、三重県鳥羽市にバリ風リゾートホテル「Sayaの風」(三重県鳥羽市安楽島町1075-26、30室)を開業する。三重県鳥羽市ホテル展開状況と合わせてお伝えする。

  • チャットボット「Bebot」三重県志摩市観光協会に導入

    三重県

    インバウンド

    投稿 : 2019.11.15

    ビースポークと三重県は、本日11月15日から、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービスを「VISITMIE AIチャットボット」として、志摩市観光協会のEnglishページにて開始した。

  • 伊勢志摩地域デジタル地域通貨「近鉄しまかぜコイン」

    近鉄グループホールディングスと三菱総合研究所(MRI)は、ブロックチェーン技術を活用したデジタル地域通貨として、2019年11月11日(月)から2020年1月31日(金)までの期間、「近鉄しまかぜコイン」を発行する。

  • 観光地型「志摩MaaS」第1弾実証実験10月1日開始

    近鉄グループホールディングス株式会社は、沿線の重要観光地である伊勢志摩エリアの志摩地域において、10月1日(火)から11月30日(土)の間、観光地型MaaS(Mobility as a Service)として「志摩MaaS」の1回目の実証実験を行う。

  • “otomo” 北海道・宮城・愛知・岐阜・三重・広島へ提供拡大

    インバウンド旅行者向けのプライベートツアーサービスを運営する「otomo」は、北海道・宮城・愛知・岐阜・三重・広島へサービスの提供エリアを拡大、70種類以上のツアープランを新たに提供。同エリアでは、2019年9月よりガイド登録の受付を開始し、10月よりツアーの予約受付を開始する。