ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 湯快リゾート白浜御苑、2019年3月15日リニューアル開業

湯快リゾート白浜御苑、2019年3月15日リニューアル開業

投稿日 : 2019.01.18

ホテル関連ニュース

湯快リゾートは、この度、和歌山県内の「南紀白浜温泉 白浜御苑」を、さらなる滞在満足向上のため、同温泉地内の白浜彩朝楽・ホテル千畳に続く、湯快リゾート<プレミアム>として、2019年3月15日にリニューアルオープンする。

南紀白浜温泉、天然温泉の露天風呂付き客室も

湯快リゾートは、1泊2食付7,500円(税別)からの種類豊富な夕朝食バイキングを提供する温泉リゾートホテルや四季折々の会席を提供する温泉旅館を南紀白浜、加賀、和倉、下呂、道後、皆生、嬉野、雲仙など有名温泉地に29館展開。

この度のリニューアルでは、「庭園と穏やかな海に包まれる和みの宿」をコンセプトに、フロント・ロビー・庭園・レストラン等のパブリックスペースをはじめ、風呂や部屋も大幅に改装。和みの空間でゆったりとした時間を過ごしてもらえる旅館に生まれ変わる。

リニューアルポイントは、岩盤浴・お茶カフェ・セラミック足湯・リラックススペースを一堂に集めたフロアを新設。思い思いに寛いでもらい、日頃の疲れを忘れさせるリラックス空間となっている。

大浴場は解放感ある天然温泉の露天風呂。内湯は、子供・年配の人にやさしい全面畳敷きになる。

部屋は、42部屋ある“落ち着いた雰囲気と清潔感のある和洋室”や新たに露天風呂付きの客室を5部屋新設する。

ホテルへのアクセス面においては、京都・新大阪・天王寺・神戸とホテルを結ぶ直行往復バスを運行、料金は1人片道1,750円(税別)。

周辺観光では、関西屈指の海水浴場「白良浜」、「円月島・千畳敷・三段壁」などの自然観光スポット、全世代の方が楽しめる動物ふれあいテーマパーク「アドベンチャーワールド」、体験型テーマパーク「白浜エネルギーランド」など、その他、見どころいっぱいのエリア。

【同施設 概要】

名称: 南紀白浜温泉 湯快リゾート<プレミアム>白浜御苑

所在地: 和歌山県西牟婁郡白浜町1011(南紀田辺インターから15分 無料駐車場完備)

客室数: 115室(予定)

和歌山県白浜町ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、和歌山県白浜町には宿泊施設が189、部屋数にして3,922が提供されている。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同施設は現在159室で6位となっており、リニューアルに伴い115室となる予定であることから、客室規模としては9位となる見込み。

【合わせて読みたい】

「雲仙温泉 雲仙東洋館」 10月17日リブランド開業

NTT西日本、白浜町でキャッシュレスサービス導入実験

動物園人気トップのアドベンチャーワールドと白浜町宿泊状況

和歌山県2017年、観光客・宿泊客・外国人宿泊客減少

関連記事