ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【夏祭り:よさこい祭り】8月9−12日開催、高知ホテル展開

【夏祭り:よさこい祭り】8月9−12日開催、高知ホテル展開

投稿日 : 2019.07.08

高知県

ホテル関連ニュース

日本の夏は祭りなしには語れない。戦後生まれのよさこい祭りは、66回目を迎える。この進化する個性ある新しい祭りは、全国200か所以上の地域や海外でも開催され大きな広がりを見せている。本場高知市では8月9−12日に毎年開催され、南国土佐の夏を鮮やかに彩る。

個性ある衣装や音楽・踊りで進化、土佐から全国・世界へ

出典:よさこい祭り

よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)10日、11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間開催され、高知市内9カ所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約18,000人の鳴子を持った踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けをして市内を乱舞する土佐の情熱ある祭り。

出典:よさこい祭り

この祭りは、1954年8月に不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し、併せて夏枯れの商店街振興を促すため高知商工会議所が中心となり「商店街に顧客を呼び込むような人が集まってくる何かをしよう」と開催されたのが始まり。

その後、”よさこい”は絶えず新しいものを取り入れ、チームの個性化が進んでおり、伝統的な音楽からロックのバンド演奏が増え、髪型や衣装も派手さを増している。振り付けもサンバ調、ロック調、古典の踊りと工夫を凝らしており、見物人を飽きさせない。

「鳴子を鳴らし前進する踊りであること」以外は、とにかく笑顔で楽しく踊れば良く、ジャンルも無制限であるのも特徴だ。

そんなよさこい祭りは、全国に広がり、東京・原宿表参道や北海道・札幌など全国各地で開催。フランスやブラジルなど海外でもその輪が広がっている。

出典:よさこい祭り

高知県高知市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、高知市には宿泊施設が96、部屋数にして5,492室が提供されている。

新規開業予定としては、「ホテルルートイン高知」が2020年1月に200室ほどで開業を予定。また、「JRクレメントイン高知」が2020年10月に187室で開業を予定している。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

【夏祭り:阿波踊り】8月12−15日開催、徳島市ホテル展開

【夏祭り:伊東温泉花火大会】7月20-8月24日、伊東ホテル

【夏祭り:佐原の大祭】7月12-14日開催、香取市ホテル展開

【夏祭り:ねぶた祭】8月2-7日開催、青森市ホテル展開状況

【夏祭り:村上大祭】7月6-7日、直前の地震に負けず開催へ

【夏祭り:博多祇園山笠】7月1-15日開催、ホテル展開状況

【夏祭り:平塚七夕祭り】7月5−7日開催、ホテル展開状況

【夏祭りシーズン到来!④】土佐よさこい祭り、高知市客室在庫状況ー連載コラム

関連記事