ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ハイスペック・ワークルーム」を販売開始

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ハイスペック・ワークルーム」を販売開始

投稿日 : 2021.05.27

神奈川県

宿泊プラン

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(神奈川県横浜市)は、大手家具メーカー「オカムラ」のデスクとチェアを完備した「ハイスペック・ワークルーム」の販売を5月25日(火)より開始した。

(出典:相鉄ホテル株式会社PR)

テレワークの増加によるワーケーションスペースの需要増加を受てけ作られたこの客室。横浜らしい景色を臨める開放的な室内に、オカムラのオフィスデスク「REGAS(リーガス)」とオフィスシーティング「Contessa II(コンテッサ セコンダ)」が設置される。

「REGAS(リーガス)」はノート PCやタブレットでの作業を想定して作られた、天板傾斜のデスク。さらに上下昇降機能も備わるため、立って作業することも可能。姿勢に変化をもたらすため、体の負担を軽減できる。「Contessa II(コンテッサ セコンダ)」は、オカムラのフラッグシップチェア。きめ細かい調整機能や柔軟性のある背面フレームなど、座る人の体に快適に追従する設計となっている。どちらもオフィスシーンにおいて、非常に人気の高いインテリアだ。

上質で機能的なデスクとチェアが置かれるだけでなく、客室内にはウェブ会議に使えるLEDライトやプリンター、休憩用に使えるヨガマットやバランスボールなども備えられる。また、このプランでの滞在者は館内のスポーツジムおよびプールを無料で利用可能。外に出ることなく仕事も運動も完結できるのはメリットだろう。

(出典:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ公式)

「ハイスペック・ワークルーム ステイプラン」は、この客室に朝8:00~翌日14:00まで最長30時間滞在できる宿泊プラン。このプランでの宿泊者には、特典として朝食・昼食・コーヒーブレイク・ワンドリンクが付く。朝食はオールデイブッフェ「コンパス」にて神奈川県産の食材を使った食事が楽しめ、昼食はカレー、ステーキ丼、クラブハウスサンド、麻婆豆腐丼の4種類から選択可能。そのほか、室内にはUCCのコーヒーやとフィナンシェなどの軽食も取り揃えられる。

対象客室は46平米のスタンダードフロア・デラックスキングルーム。1室1名利用の場合、29,000円(税サ込)〜にて宿泊できる。

(出典:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ公式)

横浜駅から徒歩1分という好立地のラグジュアリーホテルでのワーケーション。上質なインテリアとともに充実したワークタイムを過ごすのはもちろん、オカムラ製品のトライアルとしての利用も良いかもしれない。

合わせて読みたい
  • 「オークウッドスイーツ横浜」、コスメサブ...

  • 「JR東日本ホテルメッツ横浜桜木町」20...

  • 「ウェスティンホテル横浜」2022年春に...

  • 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」2...

関連記事