ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 千葉「八街観光自動車」「八街観光旅行」が事業停止 自己破産申請へ

千葉「八街観光自動車」「八街観光旅行」が事業停止 自己破産申請へ

投稿日 : 2021.02.23

千葉県

新型コロナウイルス関連

貸し切りバスの八街観光自動車(株)(所在地:千葉県八街市八街)と八街観光旅行(株)(同所)は破産申請に向け、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになった。1月15日に事業を停止した。

八街観光自動車は、1952年に千葉県八街市で貸切バスの営業を開始。1984年には千葉県下初のダブルデッカーの運行を始めた。大型バス、中型バスを保有し、八街市周辺の法人や団体を対象に、修学旅行や団体のバスツアーなどの貸し切りバス事業、冠婚葬祭の送迎などを手掛けてきた。帝国データバンクによると、20年3月期には年収入高約1億円を計上した。

八街観光旅行は、1978年12月に八街観光自動車の観光部門を分離して設立された。第2種旅行業者として、関東地区を主力とする旅行やバスツアーなどを企画し、20年3月期には年売上高約1億3千万円を上げていた。

しかし、2019年の台風被害に加え、2020年に入ると新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、両社とも売り上げが大幅に減少。固定費が収益を圧迫して、資金不足を招いた。金融機関などから資金調達を行い凌いでいたが、需要の回復の見込みが立たないとの判断で事業継続を断念、今回の措置となった。

なお、負債は、八街観光自動車が約2億2千万円、八街観光旅行は1千数百万円の見込み。

バス会社は全国規模で厳しい現状に陥っている。東京五輪にあわせて仕事が増えると見込んでバスと運転手を増やしていたところ、新型コロナウイルス影響でキャンセルが相次ぎ売り上げが大きく減少。このため人件費や車両のリース代などが大きな負担になり、経営を圧迫している状況だ。

合わせて読みたい
  • 大阪のバス会社「あじさい観光」が破産申請...

  • 広島の旅行会社「愛トラベル」が破産、感染...

  • 道内バス会社「味十商事」休止、ツアー中止...

  • 「萩グランドホテル天空」運営の長州観光開...

関連記事