ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W」日本初進出 「W Osaka」 2021年3月開業

ラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W」日本初進出 「W Osaka」 2021年3月開業

投稿日 : 2020.11.24

指定なし

新規ホテル情報

マリオット・インターナショナルが、日本初の「W」となる「W Osaka」を、2021年3月16日に開業すると発表した。コンセプトは、「泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ『大人の遊び場』」だ。「W(ダブリュー)」 は、マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつで、1998年にニューヨークで誕生したラグジュアリー・ライフスタイルホテルだ。アジアではシンガポールや上海など、大都市に展開している。


W Osaka は大阪市の中央を南北に結ぶメインストリートである御堂筋に面しており、積水ハウス株式会社が開発を担当。開業日決定に伴い、2020年月11月18日(水)より公式サイトにて宿泊予約の受付を開始している。心斎橋や道頓堀、南船場が徒歩圏内に位置しており、便利なロケーションとなっている。

W Osaka のデザインは「大阪商人の遊び心」をテーマにしており、大阪出身の世界的建築家である安藤忠雄氏が監修した。ミニマルな外観と華やかなインテリアのコントラストでそのテーマを体現する。地上27階地下1階の黒を基調とし華美な装飾を極力おさえたシンプルでスタイリッシュな外観は、巨大な鉱石による研ぎ澄まされた結晶体をイメージしている。

 インテリアデザインは、「W London」や「W Verbier(スイス)」など、世界各国のWを手掛けるオランダの、Concrete Architectural Associates 社が担当。鮮やかなネオンがきらめくエネルギッシュな大阪の街からインスパイアされた賑やかで個性溢れるインテリアデザインとなっている。

ホテルの6階から27階までに配された全337室の客室には、全室に鮮やかな色彩とすっきりとしたラインが印象に残る大胆なWデザインを用いている。広々とした浴室には特注のレインシャワーを設置し、床から天井まで一面に広がる窓からは、大阪の街並みを楽しむことができる。

宿泊者は W が世界に誇るサービスプロミス「Whatever/Whenever」を、W Osakaでも体験できる。Whatever/Whenever とは、「いつでも、どんなことでも」顧客の希望に応えるというものだ。客室の電話には Whatever/Whenever ボタンが設置され、電話 1 本で希望を伝えることができる。


■ W ホテル 
マリオット・インターナショナルが展開するブランドのひとつである W ホテルは、ニューヨークの大胆な発想と24時間365日眠らない街の文化の下に誕生以来、およそ20年以上に渡って、ホスピタリティ業界でセンセーションを巻き起こしてきた。Wの象徴である「W」のサインの下、Wホテルは世界各地に55軒以上を展開している。

合わせて読みたい
  • 「JWマリオット・ホテル奈良」2020年...

  • 「フェアフィールド・バイ・マリオット」2...

  • 「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」...

  • 「JWマリオット・ホテル奈良」総支配人に...

関連記事