ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 米旅行雑誌の世界人気観光都市ランキングに東京と京都が選出

米旅行雑誌の世界人気観光都市ランキングに東京と京都が選出

投稿日 : 2019.07.11

東京都

京都府

大阪府

インバウンド

米国で最も発行部数が多く世界の旅行市場に影響力を持つ旅行誌『Travel + Leisure』が毎年発表する読者投票ランキング「The World‘s Best Awards 2019」が7月10日発表され、世界の人気観光都市「The Top 15 Cities in the World」部門に、8年連続トップ10入りの京都と初めて東京がランクイン。

同誌には、「東京および京都は、日本を訪れる米国人によく知られ、人気がある都市である」と記載されている。

2018年11月には、同誌編集部が選ぶ世界で最も注目を集める旅行先「2018 Destination of the Year」にも日本が選出されており、今回の2都市ランクインにより、日本への注目がますます高まることが期待される。

2018年の米国からの訪日旅行者数は前年比11.0%増となる152.6万人を記録し、2019年1月から5月までの累計でも、前年比14.2%増の69.9万人と引き続き順調に増加している。

またアジアのトップ10都市には、東京、京都に加えて大阪もランクインしている。

出典:JNTO

【合わせて読みたい】

米有力旅行雑誌「Destination of the Year」に日本を選出

欧米有力旅行雑誌で “SETOUCHI”が続々ランクイン

関連記事