ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 和歌山県、ホテル借り上げ新型コロナウイルス感染者の宿泊療養開始

和歌山県、ホテル借り上げ新型コロナウイルス感染者の宿泊療養開始

投稿日 : 2021.04.28

指定なし

新型コロナウイルス関連

新型コロナウイルス感染症患者が急増し、病床の使用率が高くなっている和歌山県が、軽症者や無症状者を対象とした宿泊療養を開始すると27日発表した。

和歌山県では、4月26日時点で新型コロナウイルス感染症による入院患者数は363人。感染者数は今年1月に初めて1000人を超えてから、4月10日に1,500人を越え、24日には感染者が2,000人を越えるなど、春を迎えて以来急増している。

借り上げるホテルは同県岩出市にある ホテルいとう(137室)だ。5月1日から7月31日までを予定しているが、状況により延長の可能性があるとしている。

県は宿泊療養の対象者として、 病院で入院している患者のうち、発症後5日~7日経過して無症状または軽症であり、医師が宿泊療養可能と認めた者、また原則として、10代、20代の無症状、または発熱が37.5度未満かつ、上気道炎症状や味覚、嗅覚異常などの軽微軽症者のうち、医師又は保健所長が宿泊療養可能と認めた者を挙げている。

和歌山県は、感染が拡大している地域に出かけての会食や接待を伴った飲食を控えることや、カラオケ・ダンスなどの催しへの参加を控えるなど要請してきたが、現在は特に、5月11日までの不要不急の外出を控える、また 和歌山市内の飲食店の営業時間を午後9時までにするといった旨も要請している。

また和歌山県では、新型コロナウイルス感染症の影響により離職し、正社員を目指す求職者と、人材ニーズがあり正社員の採用を求める企業との「研修を通じたマッチング」の機会を提供し、離職者の雇用支援も行っている。 

合わせて読みたい
  • “桂小五郎”ゆかりの老舗旅館『幾松』閉店...

  • 「カンデオホテルズ南海和歌山」2020年...

  • JR西日本ファーストキャビンが店舗を閉鎖...

  • 「GRIDS 秋葉原」、「GRIDS 日...

関連記事