ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「tripla」が総額6億円の資金調達を実施

「tripla」が総額6億円の資金調達を実施

投稿日 : 2019.06.11

指定なし

インバウンド

「triplaチャットボット」サービスを提供するtripla株式会社は、合計9社より約6億円の資金調達を実施したことを本日6月11日発表した。

チャットボットの導入施設数は業界トップクラスの400施設超

引受先は以下の通り。

・三井住友海上キャピタル株式会社
・イノベーション・エンジン株式会社
・リード・キャピタル・マネージメント株式会社
・CSAJスタートアップファンド投資事業有限責任組合
・NREGイノベーション1号投資事業有限責任組合
・JR東日本スタートアップ株式会社 
・ハックベンチャーズ株式会社
・株式会社 Kips 
・株式会社ラクス 

同社は、現在国内外のホテル、旅館、レンタカー、レストラン、鉄道、アクティビティにて合計400施設以上に利用されているという「triplaチャットボット」に加えて、2019年3月より宿泊予約エンジン「triplaホテルブッキング」のサービス提供も開始。

今回調達した資金によって、「triplaチャットボット」及び「triplaホテルブッキング」の両サービスの販売拡大を行う。また、顧客からのフィードバックに沿ったサービス機能改善を更に続けていくという。

【合わせて読みたい】

JR東日本、チャットボットのtriplaと資本業務提携

triplaがモビリティ×ライフスタイル「京急アクセラレータープログラム」に採択

triplaが提案するホテルのおもてなしと売上向上の秘策とは

tripla、国内初のレンタカー多言語予約サービス

関連記事