ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > トリップアドバイザー調査、ネット上の口コミは旅行を予約する際に信頼できる情報源

トリップアドバイザー調査、ネット上の口コミは旅行を予約する際に信頼できる情報源

投稿日 : 2019.07.25

指定なし

ホテル関連ニュース

口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「TripAdvisor」は、口コミが予約の決定に大きな影響を及ぼすことを示す調査結果を発表した。

72%が口コミ情報をチェック、特に最新の口コミに注目

同社がこの度Ipsos MORIと共同で実施した同調査では、ネット上の口コミの利用状況と、ホテル、レストラン、ツアーやチケットを予約する際の口コミの役割について、12の国や地域における約23,000人のトリップアドバイザー利用者にアンケートを行った。

調査結果によると、回答者の72%が、滞在先や食事をする場所、ツアーやチケットなどを選択する前に必ず、または頻繁に口コミをチェックしていると回答。また、宿泊施設の予約の場合はその割合がさらに高くなり、調査に参加した5人の旅行者のうちの4人(81%)が、滞在先を決める前に必ず、または頻繁に口コミをチェックしており、人々が旅行者の口コミを通して情報を得ていることが分かった。

さらに、10人中8人近く(79%)が、条件の似ている2つの宿泊施設のうちいずれかを選ぶ際、評価の高いホテルを予約する傾向があり、半数以上(52%)は口コミのないホテルは予約しないと回答。

回答者の78%が、最新の口コミに注目しており、他の旅行者の新鮮な視点を知りたいと思っていることが分かった。また、10人のうちの4人近く(39%)が極端なコメントは無視すると回答し、半数以上(55%)は全体的な意見を掴むために複数のページにわたりいくつもの口コミをチェックすると回答。

平均するとホテルやレストランを予約する前に9件の口コミをチェックしていることから、客観性を重視し慎重に行き先を決めていることがうかがえるという。

同調査では、2019年5月から6月にかけて、12の国や地域(オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、シンガポール、スペイン、台湾、イギリス、アメリカ)におけるトリップアドバイザーの利用者23,292人に対しアンケート調査を行った。

調査の対象となったのは、過去1年間にトリップアドバイザーを利用した旅行者。 調査対象者は、Eメールのリンクを介してオンラインアンケートに協力したトリップアドバイザー利用者で構成されている。

Ipsos MORIがアンケートの作成とデータ分析に参加したもの。

【合わせて読みたい】

SNSに発信される宿泊施設の仕掛け作り

スマホ・SNSの時代へ、ホテルのSNS戦略とは

トリップアドバイザー「2019年エクセレンス認証」発表

トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!神社仏閣ランキング」

トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館」

「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」

トリップアドバイザー「日本人に人気の海外観光スポット」

2018年 最も「食事」の口コミ評価が高かったビジネスホテルとは【東京都編】


関連記事