ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【日本初】「トラベルテックマップ2020」旅行市場における最新技術活用の新サービスを構造的に可視化

【日本初】「トラベルテックマップ2020」旅行市場における最新技術活用の新サービスを構造的に可視化

投稿日 : 2019.12.26

ホテル関連ニュース

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、このたび東京オリンピック/パラリンピックが開催を迎え多くの訪日客が見込まれる2020年を展望し旅行市場の最新技術による新サービスを構造的に可視化。国内初の「トラベルテックマップ2020」を無料で公開いたします。

ホテル特化型メディア「HotelBank(ホテルバンク)」は、インバウンドとFIT(海外個人旅行)の増加、ダイバーシティ、ミレニアム世代の台頭、高齢化による人手不足とオートメーション化、シェアリングエコノミーとC2C(消費者間取引)など旅行市場における新たなニーズと課題、トレンドの変化を捉えた、最新の技術を活用した新たな着想による新サービスを「トラベルテックマップ」として構造的に可視化し紹介いたします。

業界向けサービス(B2B)として、「予約促進サービス」、「ビックデータ分析ツール」、「ダイナミックプライシング」 、「クラウドファンディング」の主要プレーヤーを抽出。

ゲスト向けサービス(B2C)を、「決済サービス」、「多言語サービス」、「チャットボット」、「IoTサービス」、「荷物預輸送」、「ロボット」、「サイネージ」、「MaaS」、「スマートロック」、「スマートホテル」、「顔認証」に分類。

消費者間取引(C2C)では、「メタサーチ」、「旅行体験マーケットプレイス」、「シェアリング」、「マッチング」を類型化。

無数にある新興のトラベルテックの中から、東京オリンピック/パラリンピックを迎え今後の観光業にとって大きな試金石となる2020年の日本の旅行市場において更なる活躍が期待される130超のサービスを厳選して抽出いたしました。

ホテル事業関係者、旅行業関係者、トラベルテック事業関係者、新規開発への投資家などの皆様が、2020年と今後の技術革新を展望し、自社戦略を俯瞰するための調査検討資料として、お役立ていただくことを期待しております。宜しければぜひご活用ください。

トラベルテックマップ 2020

印刷用PDF版はこちらから無料ダウンロード

「トラベルテックマップ 2020」を拡大してご覧になりたい、印刷用ファイルをダウンロードしたい場合は以下からお願いいたします。

必要事項にご入力いただくことで、ダウンロードURLが表示されます。

※「お名前」には企業(団体)名・お名前のご入力をお願いいたします。

※上記情報をご入力いただいた方に、ダウンロードリンクをお知らせいたします。なお、万が一リンクがご確認できない場合は、以下のアドレスにお問い合わせをお願いいたします。

いただいたメールアドレスには合わせてニュースレター(無料)の送付をいたします(登録済みの方をのぞく)。

本トラベルテックマップ 2020への掲載についてはすべて無料でご提供させていただいています。

「トラベルテックマップ 2020」に関するその他お問い合わせについては以下のアドレスよりお願いいたします。

HotelBank(ホテルバンク)編集部

info@hotelbank.jp

関連記事