ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 宿泊旅行統計調査、11月前年同月比1.5%増、12月同5.6%増

宿泊旅行統計調査、11月前年同月比1.5%増、12月同5.6%増

投稿日 : 2019.01.31

指定なし

ホテル統計データ

観光庁は本日1月31日に、宿泊旅行統計調査の2018年11月(第2次速報値)及び2018年12月(第1次速報値)の調査結果を取りまとめ、これを公表した。

訪日外国人、11月前年同月比11.3%増、12月同14.6%増

出典:宿泊旅行統計調査

11月の延べ宿泊者数(全体)は、4,276万人泊で、前年同月比+1.5%であった。また、12月の延べ宿泊者数(全体)は4,247万人泊で、前年同月比+5.6%であった。

日本人延べ宿泊者数は、11月は、3,568万人泊で前年同月比-0.2 %、12月は3,481万人泊で前年同月比+3.8%。

外国人延べ宿泊者数は、11月は、708万人泊で、前年同月比+11.3%であり、11月としては調査開始以来の最高値となった。また、12月は766万人泊で前年同月比+14.6%であった。

大阪が稼働率トップ、佐賀が躍進の5位、旅館は石川と香川がトップ

出典:宿泊旅行統計調査

11月の客室稼働率は全体で63.8%で前年同月比+1.0%。また、12月は全体で58.9%で同+2.4%あった。

11月の客室稼働率に関して、都道府県別では大阪府が84.2%で1位となったが、前年同月比では-1.6%となった。2位は東京都で83.9%(同+1.7%)、3位は福岡県の76.9%、4位は愛知県の73.6%、5位は佐賀県の73.3%となった。

佐賀県は前年同月比で+4.2%となり、特にビジネスホテルとシティホテルにおいて80%を超える高い稼働率を示した。

そのほか、施設タイプ別では石川県と香川県が旅館の稼働率において、62.6%でトップタイとなった。

なお、いずれも12月の数値は第1次速報値であり、2月28日公表予定の第2次速報値で変更となる見込み。

【合わせて読みたい】

宿泊旅行統計調査、11月4,277万人泊、前年同月比+1.6%

観光庁、宿泊旅行統計調査、10月前年同月比+4.8%

観光庁、8月宿泊者数5,616万人泊、前年同月比-1.1%

2018年7月の宿泊者数4,453万泊、稼働率61.9%で微減

関連記事