ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁、訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期発表

観光庁、訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期発表

投稿日 : 2019.04.18

指定なし

インバウンド

観光庁は訪日外国人消費動向調査2019年1-3月期の全国調査結果(1次速報)の結果を発表した。同期間における、訪日外国人旅行消費額 1兆1,182億円となり、対前年同期比(1兆1,121億円(確報))から微増となったものの、一人当たりの旅行支出では5.9%減少した。

1人当たり旅行支出は14万3千円で、対前年同期比で–5.9%

国籍・地域別に訪日外国人の旅行消費額をみると、中国が4,021億円(構成比36.0%)と最も大きい。

次いで、台湾1,501億円(同13.4%)、韓国1,479億円(同13.2%)、香港807億円(同7.2%)、米国621億円(同5.6%)の順であり、これら上位5カ国・地域で全体の75.4%を占めた。

また、費目別に訪日外国人旅行消費額の構成比をみると、買物代が34.7%と最も多く、次いで宿泊費(29.1%)、飲食費(22.1%)の順で多くなった。

訪日外国人(一般客)1人当たり旅行支出は14万3千円で、対前年同期比で5.9%のマイナスとなった。

国籍・地域別にみると、オーストラリア(23万5千円)、中国(20万7千円)、ベトナム(19万4千円)の順で高くなった。

一般客の1人当たり旅行支出を費目別にみると、買物代が4万8千円と最も高く、次いで宿泊費(4万2千円)、飲食費(3万2千円)の順で高くなった。

宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、オーストラリア(10万3千円)、ドイツ(7万8千円)、米国(7万2千円)の順となった。

他方でアジア圏でもインドが7万円となり、宿泊費において高い費用を支払うことがわかった。

最も宿泊費への支出が少なかったのは韓国(2万3千円)でフィリピン(2万5千円)がこれに続いた。

買物代で最も多く支出したのは中国(10万1千円)で、中国は宿泊費では4万6千円となった。

1人1泊当たりの旅行支出(全目的)は、全国籍・地域で1万7千円となり、内宿泊費には5千円が支出された。

【合わせて読みたい】

2018年外国人旅行消費、宿泊費1兆3千億円、支出の29.3%

観光庁、全国免税店47,441店、年間10.9%増

観光庁「臨時免税店制度」創設、外国人旅行消費額の拡大へ

観光庁、旅行・観光消費動向調査、2018年7-9月期(速報)

観光庁、2018年4-6月期、国内旅行者数・消費額

関連記事