ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁が新型コロナウイルス対策で36億円の予備費を活用

観光庁が新型コロナウイルス対策で36億円の予備費を活用

投稿日 : 2020.03.11

指定なし

ホテル関連ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大が観光業へ深刻な打撃を与える中で、政府は令和元年度予備費使用について、3月10日に閣議決定。観光庁では35億7,200万円の予備費を活用し、以下の対策を行う。

出典:観光庁

今回の予備費活用による対策は予算としても小規模であり、内容に関しても正確な情報の発信や滞在コンテンツの造成、バリアフリー・キャッシュレスなど既存の政策の延長であることから直接的かつ即効性のある対策とはならない見込み。

新型コロナウイルスの感染は中国や日本、韓国などのアジアのみならずヨーロッパや米国など世界各地に拡大している。

観光産業の落ち込みを回復するためには、ひとまず世界的な感染症の拡大を抑えることが不可欠となっている。

また政府は一旦、感染の終息をみてから観光業の再興をはかる構えだが、現状ではそのタイミングも先行きも不透明となっており、関連業種の倒産も相次いでいる。

【合わせて読みたい】

観光庁、国内旅行を検討中の人へメッセージ

観光庁が感染拡大リスクに国内旅行の検討者に注意喚起

ホテルが即活用できる新型コロナウイルス支援・対策まとめ

厚労省、新型コロナウイルス対策のテレワークで中小企業支援

厚労省、新型コロナウイルス感染症による小学校休業対応助成

厚労省、雇用調整助成金特例措置の対象範囲拡大

厚労省、新型コロナウイルス感染症特別融資を実施

セーフティネット保証5号、対象業種に「旅館、ホテル」追加

東京都、テレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始

東京都「新型コロナウイルス感染症対応緊急融資」

札幌市「新型コロナウイルス対応支援資金」道内に支援広がる

沖縄県、新型コロナウイルス感染症に関する金融支援

京都、新型コロナウイルス対応緊急資金融資

関連記事