ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 鳥取県・日野郡、インバウンド向け観光ポータルサイト開始

鳥取県・日野郡、インバウンド向け観光ポータルサイト開始

投稿日 : 2018.10.26

鳥取県

ホテル関連ニュース

地域づくりに汗する団体のネットワーク化、地域活性化や企画提案を手掛ける、鳥取県日野郡の「日野軍みらい創生デザイン会議」は、鳥取県協働提案・連携推進補助事業の一環として、インバウンド向け観光ポータル「ひののひ」を今月より提供開始、エアビーと連携しインバウンドの誘致を図る。

出典:ひののひ

Airbnb活用で、インバウンド客を誘致、滞在増加を狙う

「ひののひ」は、鳥取県・日野郡三町(江府町・日野町・日南町)を舞台とした観光ポータルサイト。

「ひののひ」という名称は、日野郡で一日を過ごしてもらう(日野の日)、滞在してほしいという思いを込めたネーミング。対象は主にインバウンド(外国人観光客)向けで、日本語/英語表記のサイトとなっている。

鳥取県との協働提案・連携推進事業として、これまで企画を推進し、2018年10月11日にサイト公開の運びとなった。

宿泊、食事、体験アクティビティなどの情報を一元的に掲載、日野郡三町の観光情報を編集し直すことで、広域的な観光情報の受け皿となることで、「日野郡に滞在する」イメージを打ち出す。

また、外国人観光客の宿泊予約をスムーズに行うために、大手民泊サービスのAirbnbを活用、既存の旅館2軒を含め、サイトオープン時点で4軒の宿泊施設がAirbnbでの宿泊予約を受け付けを開始。新規開業のサポートも行なった。

今後は、外国人観光客の増加を図ることで、継続的な取り組みとして雇用を生み、モニターしていくことで、インバウンドのビジネスモデルとして横展開していきたい考えだ。

鳥取県日野郡ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、鳥取県日野郡には宿泊施設が13、部屋数にして130が提供されている。

内訳としては日南町に7施設(部屋数:58)、江府町4施設(部屋数:64)、日野町2施設(8部屋)といずれも小規模な施設展開に留まっている。

鳥取県の西部、大山(だいせん)の奥側に位置する日野郡は、古くからの歴史を持ち、かつては「たたら製鉄」として栄えたエリア。街道筋の街並みや、豊かな自然、美味しい食べ物、様々なアクティビティを楽しめる。

出典:ひののひ

【合わせて読みたい】

鳥取県「蟹取県ウェルカニキャンペーン」開催

関連記事