ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京・イスラエル間での初めてのチャーター便が運航

東京・イスラエル間での初めてのチャーター便が運航

投稿日 : 2019.02.08

千葉県

ホテル関連ニュース

東京(成田空港)とイスラエル(テルアビブ ベングリオン空港)との間で初めてとなる直行チャーター便の運航が開始される。昨年5月の日本・イスラエル首脳会談で、経済分野を含めた両国関係全体の強化促進を確認。民間ベースで、チャーター便実施に関する具体的な調整が行われてきた。

クラブツーリズムが旅行商品としてツアー発売開始

出典:KNT

2018年5月の日本・イスラエル首脳会談において、経済分野を含めた両国関係全体の強化を促進することが確認された。

これを受け、2018年9月にイスラエルにおいて、日本・イスラエル両政府で、観光、ビジネス両面における人的交流拡大の重要性を共有するとともに、将来の直行便実現も見据えた需要喚起に資するチャーター便運航の可能性について話し合いを行い、以後、民間ベースで、チャーター便実施に関する具体的な調整が行われてきた。

そして今般、東京(成田空港)とイスラエル(テルアビブ ベングリオン空港)との間で初めてとなる直行チャーター便が運航されることとなった。

KNT-CTホールディングスのグループ会社であるクラブツーリズムでは、東京(成田空港)からイスラエルのテルアビブ(ベン・グリオン空港)間で初めての運航となるチャーター直行便を利用したツアーをこのほど発売した。

往復チャーター直行便利用「聖書の舞台を巡るイスラエル・死海8日間」など370,000円(エコノミークラス)から販売する。

【合わせて読みたい】

アゴダ「2019年に旅先で体験したいこと」7カ国調査

アゴダ、年末年始渡航先予約人気ランキング

JAL・丸紅、ビジネスジェット事業会社設立

関連記事