ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 【東京五輪会場:水泳】東京アクアティクスセンター周辺ホテル展開状況

【東京五輪会場:水泳】東京アクアティクスセンター周辺ホテル展開状況

投稿日 : 2019.05.29

東京都

ホテル統計データ

東京オリンピック/パラリンピックにおいて水泳競技(競泳、飛込、アーティスティックスイミング)が開催される予定となっている、東京アクアティクスセンター(東京都江東区辰巳二丁目2番)周辺のホテル展開状況を追った。

大会時には15,000人の観客が観戦

出典:東京都

東京アクアティクスセンターは、都立辰巳の森海浜公園に新しく整備される施設。

観客席数について、大会後は5,000人規模に縮小することをあらかじめ想定した上で、大会時には15,000人の観客が観戦できるように計画されている。

大会後は、世界的な大会が開催される国際水泳場として、また、都民も利用できる水泳場として活用される予定。

競泳やアーティスティックスイミングでは日本のメダルの量産も期待され、人気競技でもある水泳が開催されるだけに、東京五輪開催時には多くの観光客が訪れ、周辺ホテルを利用することが見込まれる。

出典:東京都

東京都江東区・周辺ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、東京都江東区には宿泊施設が48、部屋数にして7,779室が提供されている。新規開業予定は19施設、部屋数にして6,106室が新たに供給される見込み。

また、水泳競技が開催される同施設の周辺半径2キロ圏内には宿泊施設が12、部屋数にして2,728室が提供されている。

同圏内における新規開業予定施設は、7施設、部屋数にして1,923室が新たに供給される見込みで、激増が見込まれている。

特に注目されるのは、「東京ベイ潮見プリンスホテル」(東京都江東区潮見2丁目8-16、605室)で、東京五輪が開催される2020年7月の開業を予定している。

出典:東京ベイ潮見プリンスホテル

【合わせて読みたい】

JTB、東京五輪アンケート調査「75%開催楽しみ」

東京五輪、ボランティアのユニフォームデザイン選考開始

ミライトが提供するホテル向けトータルソリューションとは

東京マラソン2019開催、都庁周辺のホテル展開状況とは

関連記事